KTNテレビ長崎『ペコロスの母に会いに行く』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

KTNテレビ長崎

厚生労働省推薦作品

『ペコロスの母に会いに行く』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年8月2日(火)
会場 長崎ブリックホール
〒852-8104 長崎県長崎市茂里町2-38
PR・解説 認知症を発症した母と、ハゲチャビンになったペコロス、孫のまさき、幽霊になって現れる夫さとるを織り交ぜた心温まる物語。異国情緒あふれる長崎の待ちを舞台に、人懐っこく底抜けに明るいペコロス氏と認知症の可愛らしい母の日常を描きます。悲劇になりがちな介護問題を、明るくユーモラスに、かつ実際の介護生活でおこる心情を丁寧に紡ぐことで、多くの人々の共感を得る。
ストーリー 岡野ゆういちは長崎生まれの団塊世代。漫画を描いたり、趣味の音楽活動やらにうつつを抜かし、仕事に身が入らない駄目サラリーマン。母のみつえの認知症は夫のさとるが亡くなった後に始まった。それから10年。ゆういちが帰ってくるのを駐車場で待ち続け、危うく轢かれそうになったり、箪笥の引き出しに汚れた下着を隠すなど認知症の症状がだんだんひどくなってきた。ゆういちは悩みながらも、ケアマネージャーの勧めに従い、みつえを介護施設に預ける。
みつえが入ったグループホームは明るい雰囲気だったがみつえは一人部屋にこもり、他人には見えない縫い物をし続ける。みつえの記憶は少しずつ過去へさかのぼっているようだった。ある日みつえは、夫の悟や幼なじみが会いに来たと語る。「死んでからの方が、うちによう会いにくると」とうれしそうに微笑むみつえに、ゆういちは「ボケるとも悪かことばかりじゃなかかもな」と思い始めるのだった。
スタッフ 原作 岡野雄一「ペコロスの母に会いに行く」(西日本新聞社刊)
脚本 池村 望
演出 大野木直之
キャスト 藤田弓子、東国原英夫、仁科亜季子、木村理恵、麻丘めぐみ
佐藤正宏、酒井敏也、堤大二郎、大森うたえもん、文音、室龍規 ほか
お問い合わせ KTN事業部
095-827-3400

チケット発売日

2016年4月23日(土)

入場料金

全席指定7,500円(税込)

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:449-668

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-008
Lコード:81691
e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

浜屋プレイガイド 095-811-1080
くさの書店西友道ノ尾店 095-857-2560
セブンチケット

チケット販売サイトへ

KTN事業部 095-827-3400

チケット販売サイトへ

当日券情報 開場1時間前より劇場にて販売。前売りで完売した場合は当日券の販売はありません。

公演日程

2016年8月2日(火)

2016年8月

  1 2
  • 18:30
  •  
  •  
3 4 5 6

情報登録:株式会社テレビ長崎

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38813

トラックバック一覧