犬と串『バカから醒めたバカ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

犬と串

『バカから醒めたバカ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

チケットサイトConfettiにモラルと二階堂瞳子さんのインタビューが掲載されました!
http://www.confetti-web.com/sp/feature/article.php?aid=130

公演データ

公演期間 2016年3月5日(土)〜3月11日(金)
会場 武蔵野芸能劇場
〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-15-10
PR・解説 恋もギャグも、粘りが大事!?

永遠の思春期集団・犬と串、なんとSFに初挑戦!
キラキラな昔とドンヨリな今を、行ったり来たりのラブコメディ。
「あの頃に、この気持ちを伝えられていたなら」
秘めたる想いが胸を痛めた時、時間軸は歪み始め…。

え?そんな作品、山ほど観たことあるって?
ノンノン。
細工は流々、仕上げを御覧じろ。
きっと、驚かせて、呆れさせて、笑わせてみせるから。

春風吹く季節に贈るSFラブコメコメ(コメディ成分多め)、どうぞお楽しみに!!
ストーリー あの頃、僕らは輝いていた!

人気子役として活躍するワラビ、サクラ、ゴギョウ、ハコベラの四人はある日、自分たちの力で最高のコメディ映画を作ろうと決意したのだった…。

時は経ち、三十歳を迎えた四人。それぞれの人生を歩みながら、今でも定期的に、かつて作った映画を懐かしむ会を開催していた。しかし、それぞれの思いは様々。特に、かつて両思いであったワラビとサクラの二人は、今では水と油のように相容れない関係性となっていた。

すれ違う気持ちが切ない、ちょっぴりビターなコメディ…と、思いきや!?

「SF」という唐突な要素によって、物語はかつてない混沌の渦に巻き込まれる!

言えるのはここまで!
是非この先は、劇場にて目撃して下さい!!
スタッフ 作・演出:モラル
キャスト 満間昂平、藤尾姦太郎、堀雄貴、萩原達郎、板倉武志、モラル
(以上、犬と串)

二階堂瞳子(革命アイドル暴走ちゃん)
熊野善啓(劇団チャリT企画)
日高ボブ美(ロ字ック)
野中ななみ

江原健大、大橋純七、堀口留依(以上、犬と串Jr.)
お問い合わせ 犬と串
info@inutokushi.com
犬と串WEB

チケット発売日

2016年1月31日(日)

入場料金

前売3,200円/当日3,500円/学生2,800円/高校生以下1,800円/アルテ友の会割引2,900円(全席自由・税込)

※学生、高校生以下のチケットは予約が必要でございます。
 またご観劇日当日は学生証をお持ちくださいませ。
※アルテ友の会割引は会員のみ、武蔵野文化事業団での取り扱いとなります。
※友情カードをご提示の方には100円キャッシュバック!!
 さらにポイント数に応じて特典もございます!!

チケット発売窓口

犬と串 https://ticket.corich.jp/apply/71626/

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演の45分前より劇場にて販売。
割引情報 初日・平日マチネ公演は割引あり。
前売 3200円→2800円
学生 2800円→2500円

公演日程

2016年3月5日(土) 〜 3月11日(金)

上演時間 約2時間45分(休憩込)

2016年3月

    1 2 3 4 5
  • 13:00★
  • 19:00
  •  
6
  • 13:00
  • 19:00
  •  
7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 19:00
  •  
  •  
9
  • 休演
10
  • 14:00☆
  • 19:00
  •  
11
  • 16:00
  •  
  •  
12
★…初日マチネ割引適用回 ☆…平日マチネ割引適用回

受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。
開演5分前になりますとキャンセル扱いとさせて頂く場合も
ございますので、お早めにご来場くださいませ。

情報登録:犬と串

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38834

トラックバック一覧