笛井事務所『愛の眼鏡は色ガラス』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

笛井事務所

『愛の眼鏡は色ガラス』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年4月13日(水)〜4月15日(金)
会場 座・高円寺
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
PR・解説 「愛の眼鏡は色ガラス」は1973年に発表され、安部公房スタジオの記念すべき第一回公演として安部公房氏自身の演出で初上演されました。その巧みな演出と社会風刺は高い評価を呼び、当時の演劇界に新風を巻き起こしたことは言うまでもありません。
そして43年の時を経た2016年――― 巨匠の名作が劇場に蘇ります。
演出には文学座の望月純吉、主演はNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で一躍注目を集めた中島歩、脇を固めるのはいずれも実力派俳優たちです。老舗劇団の実力ある演出家と若手注目俳優が作り出す43年後の安部公房ワールドに是非ご期待ください。
ストーリー 正気と狂気が交差する精神病院。患者はそれぞれの問題と、医者は患者と向き合っている。その姿は一見普通の精神病院だが、実は彼らには”あるべき境”がなかった。
医者のような患者、患者のような医者、正気を演じる者、狂気を演じる者・・・。まるで社会のブラックホールのような空間へ、突然全共闘の学生が入り込んできたことで彼らの常識は形を変え始める。
スタッフ 原作 安部公房 演出 望月純吉(文学座)
美術 石井みつる 衣裳 小林巨和 舞台監督 堺博人(S−CASE)
音響 川西秀一 照明 亀井影人 制作 藤田侑加 演出助手 三浦菜
キャスト 中島歩 山森大輔(文学座) 日野加奈愛
ナカムラユーキ 鈴木太一 端本宇良(演劇企画円端) 海老名翔太(劇団俳優座) 
中島晃紀 本山由乃(劇団ロオル) 大塚尚吾 立花諒
奥村飛鳥 笠原紳司
お問い合わせ 笛井事務所
info@theater-officefey.com
笛井事務所HP

チケット発売日

2016年2月12日(金)

入場料金

前売り券4,000円/学生割引券3,800円/当日券・当日精算券4,200円(全席指定・税込)

事前のご予約を頂いても、公演当日に劇場にてご精算頂く場合は当日券と同様の料金とさせて頂きます。

小学生以下のお子様はご入場頂けません。

学生割引券でご入場のお客様には劇場にて学生証の提示をお願いしております。
ご提示いただけない場合は当日券との差額を頂戴致しますのでご注意ください。

チケット発売窓口

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

シアターエントランス eチケット販売です。
発券手数料・送料が掛かりません。

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演40分前より劇場にて販売

公演日程

2016年4月13日(水) 〜 4月15日(金)

上演時間 約1時間55分

2016年4月

10 11 12 13
  • 14:00
  • 19:30
  •  
14
  • 14:00
  • 19:30
  •  
15
  • 14:00
  •  
  •  
16

情報登録:笛井事務所

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38867

トラックバック一覧