International Theatre Company London『テンペスト』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

International Theatre Company London

ITCL第43回日本公演

『テンペスト』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年5月14日(土)
会場 武蔵野公会堂
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目6-22
PR・解説 ロンドンを拠点に、世界で公演ツアーを行い、独特な演出で世界中の観客を魅了しているインターナショナル・シアター・カンパニー・ロンドン(以下ITCL)。2016年1月、世界公演ツアーが始まりました。ヨーロッパ各国での公演を経て、5月に43回目の来日公演が実現します。
長年に渡る海外での英国文学作品普及に 追力した功績に対して、英国王室より勲章を受賞したポール ステッピングによる演出により、シェイクスピア最後の単独作品とされる「テンペスト」を上演します。
日本で行われる数少ない原語公演(英語)。日本にいながら、一流の海外演劇を鑑賞できる貴重な機会。原語上演だからこそ味わえる、シェイクスピアの持つ言葉のリズムや雰囲気をご堪能ください。

【ITCLとは】
ITCLは、フィジカルシアターというユニークなグロトフスキー・メソッドで鍛錬した演劇人によって1980年に結成されました劇団です。日本では、1992年に初来日公演を果たして以来、古典長編作品を中心とした公演が20年以上続けられています。
英国の劇団ですが、海外でのツアー公演を主としており、ツアーでの公演国数が最も多い、世界でも類をみないユニークな劇団です。

2014年「ロミオとジュリエット」世界公演ツアーでは、日本を含む17カ国*での世界公演が約8ヶ月に渡り行われました。世界ツアーの途中、夏に行われるドイツの古城をステージとしたキャッスルツアーは、多くのファンを魅了する人気の風物詩となっています。
ミニマルなキャスト数で、1人が複数の役柄をこなす点もITCLの特徴であり、歌とダンス、時には楽器の演奏までこなす変化の姿は、ITCL演劇の見所でもあります。ロイヤルシェイクスピアカンパニー等の一流の劇団での出演経験を持つ俳優達は、毎回の演目ごとに厳しいオーディションを経て選ばれた一流の俳優陣です。
*2016年世界公演ツアー来訪国:ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア、イスラエル、中国、ルクセンブルグ、ノルウェー、スエーデン、デンマーク、フランス、オランダ、マン島、ジャージー島、ガーンジー島
ストーリー 大嵐に逢い、乗っていた船が難破したナポリ王・アロンゾーとミラノ大公アントーニオの一行は命からがら孤島に漂着する。その島には、かつてはミラノ公爵でありながら実の弟アントーニオの策略により国を追われたプロスペローが娘のミランダとともに暮らしていた。不思議な魔法の力を持ち、精霊たちを従えながら、魔術や学問の研究に没頭して生きるプロスペロー。アロンゾーたちの船を襲った嵐も、そんな彼が十二年前の復讐をするため手下の妖精エーリアルに命じて起こした魔術によるものだった。

アロンゾーの息子・ファーディナンドは王の一行と離れ離れに一人岸に打ち上げられる。父を失ったと考え悲しみに暮れるファーディナンドだが、プロスペローの計らいによって出会ったミランダと一目でたちまち恋に落ちる。しかし、その日から愛の試練としてファーディナンドは数々の過酷な労働を強いられるようになる。

一方、息子が死んだと思い嘆き悲しんでいるアロンゾー。その姿を見て、更なる出世を目論む野心家のアントーニオはアロンゾーの弟・セバスチャンにアロンゾーを殺し王位を奪うことを唆す。
また、島に住む醜い怪獣キャリバンは、別の場所に漂着した道化師トリンキュローと賄方ステファノーを味方につけ、日頃の恨みからプロスペロー殺害を企てる。

精霊と人間たちそれぞれが心に抱く復讐、野心、そして愛。その行き着く先とは…?
スタッフ 脚本・演出:Paul Stebbings
キャスト Mark Prince/Rachel Middle/Glyn Connop/George McLean/Gareth Fordred/Michael Armstrong(計6名)
お問い合わせ StagePlay (ITCL公式サイト)
03-3582-7771
wakabayashi.stageplay@gmail.com
http://www.stageplay.jp
《公演に関するお問い合わせ》
ITCL日本公演事務局:若林
03-3582-7771 (プラヤ株式会社内)

《チケットに関するお問い合わせ》
ITCL事務局 票券担当:しむじゃっく
TEL:050-7122-4785 (受付時間 10:00-22:00)
MAIL:info@symjack.com
※チケット購入後のお問い合わせもこちらに、よろしくお願い致します。

チケット発売日

2016年2月8日(月)

入場料金

全席自由

早割:一般4,000円 (3/31までの購入)
前売:一般5,000円 学生2,500円 ペアチケット9,000円
当日:一般5,500円 学生3,000円

チケット発売窓口

ITCL日本事務局 050-7122-4785
ITCL日本事務局によるチケット販売窓口となります。
ITCL事務局 票券担当:しむじゃっく
電話受付時間 10:00-22:00
MAIL:info@symjack.com

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:449-561
先行販売Pコード(〜3/31):449563

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

Confetti ※Confettiからの購入チケットに限り、Confetti運営の無料託児施設が利用できます。

チケット販売サイトへ

PassMarket

チケット販売サイトへ

公演日程

2016年5月14日(土)

上演時間 約2時間30分 (インターバルあり)

2016年5月

8 9 10 11 12 13 14
  •  
  • 14:00
  •  

情報登録:International Theatre Company London

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=38960

トラックバック一覧