鎌ケ谷市教育委員会『森女(もりめ)〜神の子と呼ばれた娘〜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌ケ谷市教育委員会

第1回市民創作ミュージカル

『森女(もりめ)〜神の子と呼ばれた娘〜』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年3月19日(土)〜3月20日(日・祝)
会場 きらり鎌ケ谷市民会館・きらりホール
〒273-0101 千葉県鎌ケ谷市富岡1-1-3
PR・解説 公募で選ばれた小学生から70歳代まで約40人の出演者が、プロの指導のもと、昨年8月から稽古を積み重ねてきました。最初の1ヶ月は発生などの基本練習、ダンスや歌のワークショップを行い、9月はドキドキのキャスティング発表。未経験者が多く、脚本・演出の相澤さんにときに叱られながら、真剣に、そして楽しく稽古に励んでいます。大道具、小道具や衣装は出演者・スタッフの手作りです。歌・ダンス・芝居が融合した、笑顔と感動に満ちた公演をお楽しみに!!
ストーリー 遠い昔の故郷の誰も知らない物語。
子どもが生まれないことを気に病んでいた「きね」という女性が、山の神様にお願いしたところ、可愛い女の子を授かった。女の子は、「森女(もりめ)」と名付けられ、神様の子として、大事に育てられたが、その類いまれなる美貌と、甘やかされたことで、我儘で意地悪な性格に・・・。それとは反対に、みなし児の小弁(こべん)は、村のみんなから馬鹿にされながらも、けなげに生きていた。
そんな二人の運命が、秋祭りの日のある事件から変わり始める。
スタッフ 脚本・演出 相澤美智子
振付 加藤真由美
作曲・演奏・歌唱指導 安倍美穂
作曲・編曲・演奏 岡崎由美子
歌唱指導 黒瀬千鶴子
演出助手 侯いくみ
制作アドバイザー 石井圭子
助成 一般社団法人 地域創造
キャスト 公募による市民のみなさん
お問い合わせ きらりホール
047-441-3377
きらりかまがや

チケット発売日

2015年12月21日(月)

入場料金

一般1,000円/高校生以下0円(全席自由・税込)

未就学児入場不可
保育あり(5名まで・申込先着順)

チケット発売窓口

きらりホール 047-441-3377
チケットのお求めはきらりホール窓口または電話予約にて
当日券情報  

公演日程

2016年3月19日(土) 〜 3月20日(日・祝)

2016年3月

13 14 15 16 17 18 19
  • 14:00
  •  
  •  
20
  • 14:00
  •  
  •  
21 22 23 24 25 26
14:00開演(13:30開場)

情報登録:きらり鎌ケ谷市民会館・きらりホール

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=39010

トラックバック一覧