赤星マサノリ×坂口修一二人芝居『東京物語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

赤星マサノリ×坂口修一二人芝居

『東京物語』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年5月20日(金)〜5月22日(日)
会場 こまばアゴラ劇場
〒153-0041 東京都目黒区駒場1-11-13
PR・解説 関西小劇場を代表する俳優による極上の二人芝居が4度目の全国ツアーを行う。
まったくタイプの違う同世代の役者二人がお互いのスタイルに意気投合し、2010年から二人芝居で全国ツアーをスタート!
これまでに大阪・東京・札幌・福岡・三重・広島で公演を重ねてきた。1年目はニットキャップシアターコメディ作品「男亡者の泣きぬるところ」を上演。翌年、桂枝雀さんの落語として有名な「貧乏神」を角ひろみさんの脚本で二人芝居に大胆アレンジ。昨年は、作演出家・ピースピットの主宰・末満健一氏の新作描き下ろし作品「Equal-イコール-」で全国5都市を周った。
4作目となる今回は、想像力を強く刺激する洗練された演出と造形力に定評があるエイチエムピー・シアターカンパニーの笠井友仁氏を演出に迎え、竹内銃一郎氏の「東京物語」に挑む!
ストーリー とある国のとある刑務所。「革命家」ブレーキと「おかま」のオリーブは退屈な獄中生活を紛らわすために毎夜、映画の話を繰り広げる。今日の映画は小津安二郎監督の『東京物語』。オリーブが夢中になって映画の話をする中で、ブレーキは脱獄計画を持ちかける・・・。

運命的な出会いの二人が巻き起こす、
愛と友情の逃走劇。
スタッフ 舞台監督:青野守浩
音響:近松祐貴(オリジナルテンポ)
照明:吉田一弥(GEKKEN staffroom)
舞台美術:柴田隆弘
宣伝美術:黒田武志(sandscape)
写真・映像収録:堀川高志(kutowans studio)
衣装:金崎めぐみ
制作:徳永のぞみ
プロデューサー:笠原希(ライトアイ) 
企画制作:赤星マサノリ×坂口修一
キャスト 赤星マサノリ(sunday)、坂口修一
お問い合わせ ライトアイ
06-6647-8243
akasaka@righteye.jp
ライトアイ
11時〜19時
赤×坂特設サイト
赤×坂特設サイト

チケット発売日

2016年3月13日(日)

入場料金

一般3,000円/学生2,000円/高校生以下1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

ライトアイ 06-6647-8243

チケット販売サイトへ

赤×坂特設サイト

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演45分前より劇場にて販売

公演日程

2016年5月20日(金) 〜 5月22日(日)

上演時間 約1時間20分

2016年5月

15 16 17 18 19 20
  • 19:30
  •  
  •  
21
  • 14:00
  • 18:00
  •  
22
  • 14:00
  •  
  •  
23 24 25 26 27 28

情報登録:ライトアイ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=39226

トラックバック一覧