弾丸MAMAER『からっぽう』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

弾丸MAMAER

『からっぽう』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年7月5日(水)〜7月9日(日)
会場 シアターサンモール
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10 サンモールクレストB1
PR・解説 今回の作品は、【現在】と【過去(昭和35年〜40年)】を行き来する回想劇形式で展開していく。
昭和の風情が残るとある下町の、長屋住宅や錆びれたバーに囲まれた小さな広場で揺れる、ある夫婦の物語。
そしてそれを取り巻く人々の心情、張り裂けんばかりの悲喜劇とは・・・
2006年7月上旬、弾丸MAMAER待望の新作!
暑くなる前に熱くなる、骨太のヒューマンドラマ、ここにあり!
ストーリー 息子夫婦の独断により、長く住んだ長屋住宅から介護施設へ移ることになった、ある年老いた男。引っ越しの荷造りの際に突然出てきた、死別した妻が書き残した一冊の随筆。妻が他界して廃人のように生きた男が、自分の半生を何十年も悔い続けた理由を、その随筆をもとに実の息子とヘルパーが辿っていく。
蘇るは数十年前の妻と生きた激動昭和、無謀で破滅的に生きた男の欲と、それを支え続けた妻の苦悩。
あまりにも過酷だった夫婦生活の記憶を辿ったとき、男は、今まで知らなかった妻の本当の顔を知るのであった―
しゃかりきに生きた男と女、ふたつの心
傷痕から聞こえてくる、怒濤の人間哀歌
スタッフ 作・演出=竹重洋平/美術=佐藤朋有子/照明=(株)ライトスタッフ/音響=宮崎裕之(ステージハットリザウルス)/宣伝美術=村上律子/パンフデザイン=飯田啓貴/ヘアメイク=池浦順子/小道具=高津映画装飾/舞台監督=山田和彦/後援=ニッポン放送
キャスト 河合伸之/川根有子/滝上裕二/中村哲人/小林香織(ワンダー・プロ)/山口晶由/たかくら未奈/田仲 晶/上海菜都子/安藤純(有限会社J-beans)/高橋カオリ/大田正裕/椿克之/加藤善丈/染谷恵子/水橋千佳子/岡本麻以子/日向宏之(吉江企画)
お問い合わせ 弾丸MAMAER事務局
080-5377-7789
info@dangan-mamaer.gogo.tc
弾丸MAMAERオフィシャルサイト

チケット発売日

2006年5月27日(土)

入場料金

前売り3,500円/当日3,800円/グループ割引3,200円(全席指定・税込)

グループ割引は、3名様以上同じ回をお申込みに限ります(劇団取り扱いのみ)。

チケット発売窓口

弾丸MAMAER 080-5377-7789

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:369-535
ローソンチケット
lawsonticket.com
Lコード:33173
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2006年7月5日(水) 〜 7月9日(日)

上演時間 約2時間

2006年7月

2 3 4 5
  • 19:00
  •  
  •  
6
  • 14:00
  • 19:00
  •  
7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 14:00
  • 19:00
  •  
9
  • 13:00
  • 17:00
  •  
10 11 12 13 14 15
開場は開演の30分前/受付は開演の1時間前

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3929

トラックバック一覧