やさぐれ散弾銃『Like a purple Sky』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

やさぐれ散弾銃

やさぐれ散弾銃 3rd stage

『Like a purple Sky』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年9月16日(土)〜9月18日(月・祝)
会場 シアターバビロンの流れのほとりにて
〒114-0003 東京都北区豊島7-26-19
PR・解説 ダンス有りのバイオレンス舞台!
明日の貴方に一握りの勇気を!
ストーリー 「世界は二つに分かれている。君の居る世界と、君の居ない世界。」
2030年、政府は増加を辿る犯罪や経済の停滞への対策を発表した。
「劣等遺伝子排他条例」「低俗芸術排他条例」
センター試験により「劣等」とみなされた者は〈赤〉の世界へ脱落し、一生雑務をこなす。
優秀な遺伝子を持つ者だけが地上の〈青〉の世界で生き、子孫を残すことを許されるのだ。
青と赤の世界に引き裂かれた恋人、ソラとリク。
青の世界で美大に進んだリクは描きたい絵を描くことが出来ず、
赤の世界で雑務をこなすソラは自分がまるで機械になったかの様な錯覚を覚える。
呼吸を忘れた街、呼吸を忘れた人々。呼吸を忘れた芸術。
そしてソラを取り巻く赤の世界の人々。
捨てられない未来、どうしても会いたい誰か、誰だってちゃんと此処に生きていたい。
さぁ、指を咥えて泣くのにはもう飽きただろうが!
走ってみろよ!何処までだって!
肩でゼェゼェと息をして、気管を擦る呼吸、それが生きている感覚!
戦え、両腕をなくすまで!走れ、両足を失うまで!
絶望するのはそれからだ!
スタッフ 作・演出=高橋亜季/舞台監督=西村耕之/協賛=サルとピストル
キャスト 浅井裕子/笠原彩乃/北島裕佳/塩谷麻美/鈴木よさの(サルとピストル)/袴塚真実(サルとピストル)/平井千尋/三浦佑介(サルとピストル)/三明真実/薬師寺尚子(サルとピストル)/保田由香利/山田かまぼこ(サルとピストル)
お問い合わせ 代表:高橋亜季
090-9675-6901
last_day_of_world@hotmail.com

入場料金

前売・当日共2,500円/ペアチケット4,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

やさぐれ散弾銃 090-9675-6901
チケットはメールにて受け付けます。
last_day_of_world@hotmail.com

公演日程

2006年9月16日(土) 〜 9月18日(月・祝)

2006年9月

10 11 12 13 14 15 16
  • 14:00☆
  • 19:00★
  •  
17
  • 14:00★
  • 19:00☆
  •  
18
  • 13:00☆
  • 17:00★
  •  
19 20 21 22 23
開場は開演の30分前です。
一部ダブルキャスト、☆と★でキャストが変わります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3937

トラックバック一覧