劇団ジャブジャブサーキット『しずかなごはん』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団ジャブジャブサーキット

『しずかなごはん』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年5月7日(土)〜5月8日(日)
会場 三重県文化会館
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
PR・解説 なぜ食す?なぜ食さない?
依存に支えられた優しい魂
犯人捜しはもういらない…

初演時の2004年、3都市を巡る定期公演として上演されるも、各地で好評を博し、翌年にはシアターグリーン柿落としを含め2都市で再演した劇団の代表作。 摂食障害という深刻なモチーフを扱いつつ、知的でミステリアスな物語を紡ぐ。昨年は劇団創立30周年記念として、仙台、大阪で再演。 若い世代からも普遍的な支持を得ています。
ストーリー とある地方都市に拠点を構え、各種の依存症などの神経症、精神治療に携わる「山根クリニック」。その分室長として「摂食障害」を専門に治療、カウンセリングする医師の桜井鉱一は、部下のケースワーカー・角田早苗とともに、多忙な日々を過ごしていた。過食や拒食などの摂食障害のなかでも、特に象徴的な「食べ吐き」を繰り返す患者達の多くは女性で、最初は人目を気にする「痩身願望」から始まった習慣に、身もココロもぼろぼろになっている。「食べる」という基本的な営みゆえに、治療においては、そのような精神あるいは家庭環境の調整、心理的葛藤の解消などをはかるのだが、現実には様々な複数の要因が絡むものもあって一筋縄にはゆかないことも多いのだ。ある時、このクリニックに自殺した女優の亡霊が出るといううわさが持ち上がり、彼女をめぐるネット怪談や、死後のホームページ管理を生業にするIT関係業者も絡む中、物語はミステリアスに進む…。

チケット発売日

2016年3月5日(土)

入場料金

一般前売2,500円/一般当日2,800円/25歳以下1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

三重県文化会館チケットカウンター 059-233-1122

チケット販売サイトへ

劇団ジャブジャブサーキット 090-9922-8274

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演の60分前より販売

公演日程

2016年5月7日(土) 〜 5月8日(日)

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
  • 18:00
  •  
  •  
8
  • 14:00
  •  
  •  
9 10 11 12 13 14
受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前

情報登録:三重県文化会館

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=39448

トラックバック一覧