Yaso&parabolica- bis『井上弘久 朗読演劇 最終章!?「パルプ」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Yaso&parabolica- bis

『井上弘久 朗読演劇 最終章!?「パルプ」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年6月10日(金)〜6月12日(日)
会場 parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-18-11
PR・解説 朗読演劇・最終章!? 井上弘久
「パルプ」チャールズ・ブコウスキー 柴田元幸 訳

ブコウスキーの最後の小説「パルプ」。
ニック・ビレーンという探偵が、セリーヌを探したり、赤い雀を追っかけたり、宇宙人とセックスしたり…。
探偵小説かSF小説か、悪文か美文か分からない書きっぷりだが、ブコウスキーの人生賛歌、小説で書いた長編遺言だ。
好きな文体、作家、ジャンル、生き方……全部描いて構成に破綻がない。柴田元幸の訳が文体のスピード感、ブコウスキー感を再現している。
この小説と柴田元幸訳に出会えた幸運を、読みの快楽に変えられるか。
赤い雀を前にした最大の試練をブコウスキー流にこなして見せよう。

井上弘久は、役者のキャリアを転形劇場からはじめ、劇団の主宰・演出を経て、ブコウスキー・朗読演劇の連続上演を始めた。
朗読演劇は、カフカ、乱歩と続き、井上弘久独特のスタイルとなっていった。
そして、ついにブコウスキーの長編「パルプ」に挑む。
井上弘久のうねるように生きてきた演劇人生と、ブコウスキーの乱痴気文学人生が絡み合う。

――――今野裕一
スタッフ 演出・台本構成:今野裕一
企画:今野裕一、金宗代
主催:Yaso & parabolica- bis
キャスト 朗読:井上弘久
音楽:金子雄生(トランペット奏者)
お問い合わせ parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
03-5835-1180
contact@yaso-peyotl.com
夜想 yaso & parabolica-bis

入場料金

前売予約2,500円/当日3,000円/学生2,000円(全席自由・税込)

□各日開演時間の15分前からご入場いただけます。
□イベントの料金には展覧会入場料が含まれます。
□イベント詳細は不測の事態により変更になる可能性もございます。
 詳細はホームページで随時更新いたします。

チケット発売窓口

parabolica-bis[パラボリカ・ビス] 03-5835-1180

チケット販売サイトへ

当日券情報 営業時間中に受付にて販売いたします。

公演日程

2016年6月10日(金) 〜 6月12日(日)

2016年6月

5 6 7 8 9 10
  • 19:30
  •  
  •  
11
  • 17:00
  •  
  •  
12
  • 15:00
  •  
  •  
13 14 15 16 17 18

情報登録:小野

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=39713

トラックバック一覧