流山児★事務所『代代孫孫2016』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

流山児★事務所

『代代孫孫2016』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

「韓国に日本が侵略されていた」という、あり得たかもしれない歴史
翻訳劇上演を超えた日韓演劇コラボレーションとして世界初演

公演データ

公演期間 2016年6月15日(水)〜6月21日(火)
会場 ザ・スズナリ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15
PR・解説 韓国の現代演劇界で活躍するパク・クニョン氏の代表作の一つである「代代孫孫」は、現在から日帝時代までを遡りながら描く、時代絵巻的要素の強い作品です。ここ数年、パク・クニョン氏及び韓国演劇人と交流を重ねてきた劇団温泉ドラゴンの作・演出家シライケイタが、パク氏と相談を重ねながら同作品を大胆に翻案、世界初演の新作公演として演出します。
具体的には、日本と韓国を入れ替えて書き換えることで、韓国に日本が侵略されていたという、「あり得たかもしれない歴史」を描くことになります。現在、日韓の間には歴史的、政治的な問題が山積していて、深刻な状態であり、その原因を遡れば日本が韓国を侵略したという歴史的事実に行きあたることに異論の余地はありません。両国を入れ替えて描くと言う大胆な構想は、現代の日本人が忘れようとしている負の歴史を直視することであり、また現代を生きる我々が歴史の当事者になることでもあると考えます。韓国語の台本を単なる翻訳劇として立ち上げるのではなく、作り手も観客も当事者となることを目指し、両国の現代演劇界を代表する演劇人がタッグを組むことで、建設的、未来志向的な日韓関係を築いていくためのきっかけになることを強く望みます。
ストーリー 現代を生きる若者。若者には父親がいた。父親は、ベトナム戦争に参戦した兵士だった。
その父親にも、父親がいた。父親の父親は、自国を侵略した国に渡り、成功を夢見ていた。
父親の父親にも、父親がいた。父親の父親の父親は、自国を侵略した国の金持ちの元で働いていた。
脈々と流れ伝わる、国の歴史と家族の歴史。
戦争とは。侵略とは。国境とは。
現代を生きる我々の喉元に突き付けられている切実な問題の数々が、ここにある。
日韓の立場を入れ替え、両国の「今」を考える。
スタッフ 作:パク・グニョン 脚本・演出:シライケイタ
翻訳:洪明花 音楽:諏訪創 美術:松村あや 照明:沖野隆一 音響:益川幸子 衣裳:竹内陽子 舞台監督:青木規夫 演出助手:小形知巳 制作:米山恭子、龍昇 企画:流山児祥
キャスト 塩野谷正幸、近童弐吉、里美和彦、筑波竜一、いわいのふ健、阪本篤、五島三四郎
清水直子、植野葉子、伊藤弘子、洪明花、山丸莉菜、廣田裕美、竹本優希
お問い合わせ 流山児★事務所
03-5272-1785
mail@ryuzanji.com
流山児★事務所 Offcial Website

チケット発売日

2016年4月15日(金)

入場料金

一般4,000円/当日4,500円/学生、U253,200円/当日(学生、U25)3,500円/高校生以下1,000円/Ryu's会員割引2,800円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

流山児★事務所 03-5272-1785

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-000-777
0570-084-003
Lコード:31809
e+(イープラス)
eplus.jp
カンフェティ

チケット販売サイトへ

ザ・スズナリ 03-3469-0511
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2016年6月15日(水) 〜 6月21日(火)

上演時間 約1時間40分

2016年6月

12 13 14 15
  •  
  • 19:00
  •  
16
  •  
  • 19:00☆
  •  
17
  •  
  • 19:30
  •  
18
  • 14:00
  • 19:00
  •  
19
  • 14:00
  •  
  •  
20
  • 13:00
  • 19:00
  •  
21
  • 13:00
  •  
  •  
22 23 24 25
☆作家:パク・クニョンさんを迎えてアフタートーク開催

情報登録:流山児★事務所

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=39724

トラックバック一覧