迷子の遊園地『心地よく、冷たくて』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

迷子の遊園地

迷子の遊園地Act19

『心地よく、冷たくて』−ツナガレシモノ

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年7月2日(土)〜7月3日(日)
会場 木下惠介記念館
〒432-8025 静岡県浜松市中区栄町3番地の1
PR・解説 代表作の一つ「心地よく、冷たくて」(2005年公演)を再構築。攻めて、攻めて、攻めて・・・届けたい想いがあります。久しぶりに2日間、3ステージ組んでお待ちしております。

何者でもない者たちが、祈りにも、叫びにも似た埋もれてしまいそうな想いを紡ぎます。必見!!
ストーリー ひどく寝苦しい夜。それは特別な事じゃない。どうせ眠れないからベッドには入らない。かといって何かをするわけでもない。

その日もありきたりの夜になるはずだった。しかし、アパートのドアの前に女が倒れていた。
「行くトコないなら、ココにいれば?」それは考えての言葉ではなかった。
「マヒル。アタシ、マヒル」どう書くのか?本名なのか?わかからないがそれが彼女の名。
マヒルとチヨ。不自然なほど自然に二人の暮らしが始まった。

リンゴジュース、チョコレート、24色の色鉛筆・・・マヒルの好きなもの・・・その向こうに彼女の歩んできた道が浮かび上がる。
母との別れ、施設での暮らし、見つからない風景・・・マヒルの歩んできた道・・・その向こうにチヨは見た。

ひどく寝苦しい夜。それは特別な事じゃない。だけど、それを共に越えられる者がいる。儚く優しい光に包まれ二人が今、朝を迎える。
スタッフ 作・演出:藤田ヒロシ
音響:日浦カズトシ
照明:白柳友紀
制作:れい子
キャスト 酒井麻衣
MAYU
史奈子
北澤さおり
藤田ヒロシ
お問い合わせ 迷子の遊園地
eso@pw.under.jp
迷子の遊園地オフィシャルサイト

入場料金

前売(一般)1,500円/前売(学割)1,000円/当日(一般)2,000円/当日(学割)1,500円(全席自由・税込)

※学割…高・専門・大学生/受付にて学生証提示
※中学生以下の入場不可

チケット発売窓口

迷子の遊園地 http://eso.under.jp/kokochiyoku/

チケット販売サイトへ

公演日程

2016年7月2日(土) 〜 7月3日(日)

2016年7月

          1 2
  • 19:00
  •  
  •  
3
  • 13:00
  • 17:00
  •  
4 5 6 7 8 9

情報登録:木下惠介記念館

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=39848

トラックバック一覧