チーム夜営『衛星の兄弟』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

チーム夜営

チーム夜営Vol.4

『衛星の兄弟』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年8月11日(木)〜8月13日(土)
会場 横浜にぎわい座
〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3丁目110番1号
PR・解説 チーム夜営とは昼間は美術、映像、グラフィックデザイン、イラストレーションなどの分野で活動するメンバーが、夜な夜なここに戻ってきて、舞台作品をつくるチームです。

2014年、数学の教科書を舞台にしたSFラブコメディ『yとxの事情』(王子小劇場)を上演。2015年、星間調査機の中で100年過ごした人工知能と男の物語『タイトルはご自由に。』(新宿眼科画廊)を上演、同年、恵比寿文化祭に参加し、映画館(恵比寿ガーデンシネマ)での再演を果たしました。

2年ぶりの劇場公演となる本作では、長い大戦で穴だらけになった地球の周回軌道を舞台に、地上の大戦を終わらせるために打ち上げられた人工衛星の3兄弟と中国の小型気象観測衛星を描きます。科学的な空想をモチーフにした物語と、それを彩る美術・演出にご期待ください。

6月30日までにご予約の方には先行予約特典としてスピンオフ短編小説『衛星の友人』をプレゼント!
※公演当日、受付にてチケットと一緒にお渡しします。

☆☆チーム夜営最新情報☆☆
【twitter】@teamyaei
【facebook】https://www.facebook.com/teamyaei
ストーリー “ 猛烈な槍の雨。所により、衛星。”

未来。「神の杖」と名付けられた3機の人工衛星が地上から打ち上げられた。彼らは仲の良い兄弟で、宇宙の誰よりも勤勉で、長い長い大戦を終わらせるための最終兵器だった。

打ち上げから5年。兄弟たちは休むことなく働き続けた。彼らが飛ばした無数の槍が地形を変えて、国や人を分断させた。時が過ぎると、人間たちは地図を塗り替える根気も失い、兄弟たちへ通信を送ることをやめてしまった。
そんなある日、仕事を失い暇を持て余した兄弟たちの元へ、「胡蝶」と名のる、中国の小型気象衛星がやってくる。
スタッフ 演出:小林弘樹 / 脚本:大竹竜平 / 舞台美術:小林峻也 / 音楽・音響:熊谷秀哉 /照明:竹元楓 / 映像:内田圭、いしいこうた / 衣装:生田志織 / イラストレーション:寺本愛 / 宣伝美術:大竹竜平 / 制作:灰原千晶
協力:内田有、奥家偉民、Parker Biehn
キャスト 馬場太史(俳優座)、萩原優奈、高澤聡美、小林弘樹
お問い合わせ チーム夜営 制作担当(灰原)
teamyaei2014@gmail.com
チーム夜営

チケット発売日

2016年5月28日(土)

入場料金

前売一般2,300円/前売学生1,800円/当日券(一般・学生ともに)2,500円(全席自由・税込)

【先行予約特典】スピンオフ 短編小説 『衛星の友人』
6月30日(木)までにご予約いただいたお客様に、短編小説『衛星の友人』(作:大竹竜平 挿絵:寺本愛)をプレゼント。

チケット発売窓口

カルテット・オンライン https://www.quartet-online.net/ticket/satelites/

チケット販売サイトへ

公演日程

2016年8月11日(木) 〜 8月13日(土)

上演時間 約75分

2016年8月

7 8 9 10 11
  • 16:00
  • 20:00
  •  
12
  • 16:00
  • 20:00
  •  
13
  • 13:00
  • 17:00
  •  
受付開始40分前、開場30分前。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=40071

トラックバック一覧