したため『したため#4「文字移植」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

したため

アトリエ劇研創造サポートカンパニー公演

『したため#4「文字移植」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年6月10日(金)〜6月13日(月)
会場 アトリエ劇研
〒606-0856 京都府京都市左京区下鴨塚本町1
PR・解説 ある物語を翻訳するために訪れた島で、言語と言語のあわいで惑う"わたし"――
言葉はどのように「移植」できるのか、その「移植」をおこなう者の身体とは、
どのような運動のさなかにあるのだろうか。
出演者の日々の生活のドキュメントから演劇をたちあげてきたしたためは、
2016年、テキストと出会う旅をはじめました。
アトリエ劇研創造サポートカンパニーとしての京都公演、
そして創作コンペティション受賞公演としての福岡公演、
したため初の2都市ツアーで臨むのは、日本語とドイツ語、
ふたつの言語を往復しながら精力的に活動し、文芸賞の受賞も続く
作家・多和田葉子の初期作『文字移植』(1993 年、『アルファベットの傷口』より改題)。

言葉と身体が発火するところへ。
ストーリー わたしはどうしてもこの〈小説〉を翻訳してしまわないといけないと島へ来てからそのことばかり考えているくせに実際にはまだ何もしていなかった。あと一日しか残されていないというのにわたしはまだ何をどう訳せばいいのか見当もつかずにいた。
多和田葉子『文字移植』より(講談社文芸文庫「かかとを失くして|三人関係|文字移植」)
スタッフ 美術 林葵衣
照明 吉田一弥〈GEKKEN staffroom〉
音響 甲田徹
衣装 清川敦子(atm) 
舞台監督 北方こだち〈GEKKEN staffroom〉
制作 豊山佳美
キャスト 穐月萌 岸本昌也 菅一馬 多田香織(KAKUTA)
お問い合わせ したため
070-6927-5835
info.shitatame@gmail.com
したためblog

チケット発売日

2016年4月15日(金)

入場料金

一般前売2,500円/一般当日2,800円/学生前売1,700円/学生当日2,000円/高校生以下0円(全席自由・税込)

※学生券/高校生以下券の方は公演当日に証明書をお持ち下さい。
※未就学児童のご入場はお断りしております。

チケット発売窓口

したため 070-6927-5835
ウェブサイトの専用フォームよりお申込みください。

チケット販売サイトへ

したため 希望公演日時/お名前/券種/人数/ご連絡先を明記の上メールをお送りください。
こちらからの返信を以てご予約完了となります。>> info.shitatame@gmail.com
当日券情報 ※各回、受付は開演の30 分前より開始いたします。
割引情報 ●『文字移植』しおりをお持ちの方は200円割引
●はなもとゆか×マツキモエ『WORM HOLE』半券をお持ちの方は200円割引
※割引はどちらか一つのみ有効

公演日程

2016年6月10日(金) 〜 6月13日(月)

上演時間 約90分

2016年6月

5 6 7 8 9 10
  • 19:00A
  •  
  •  
11
  • 14:00
  • 19:00
  •  
12
  • 14:00B
  • 19:00C
  •  
13
  • 14:00D
  •  
  •  
14 15 16 17 18
ポストパフォーマンストーク|
終演後、作品を軸に、演出・和田ながらが同世代のアーティストと
おしゃべりしたり、みた人同士で感想をシェアする場を設けます。 
A ゲスト 林葵衣(美術家、本作舞台美術担当)
B ゲスト 守屋友樹(写真家)
C ゲスト 中川裕貴(演奏家、音楽家)
D 「余韻の時間」をつくって、いっしょに作品をみた人たち同士で話しながら、
    普段以上にじっくり作品を味わいます。(運営=「Listen, and...」プロジェクト)

情報登録:したため

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=40126

トラックバック一覧