スロウライダー『Maggie』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

スロウライダー

第8回公演

『Maggie』Inspired by 『西瓜糖の日々』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年9月13日(水)〜9月18日(月・祝)
会場 駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8
PR・解説 全てが不足なく満たされている、けれどなにかが大きく欠けている。その欠落がなんなのかは分からない…。コトバは痩せてしまっている…。目の前で人が泣いていても、どうして泣いているのかがわからない…。モノが沢山溢れているけれど、それはどこか味気ないニセモノのように思える…。いや、もしかしたら、この世界すらニセモノなんじゃないのだろうか…?
そんな感覚は、いまの日本の若者の間でとても「リアル」なもの。ブローティガンが「ある種の」ファンタジーとして書いた世界が、東京で「リアル」なものになっている今、1960年代に書かれた『西瓜糖の日々』は、2006年の東京で、アクチュアルな意味を持ち始めている………
人の心に忍び込む原因不明の悪意を題材とした「淡々としたホラー」を作風とするスロウライダー。初のトリビュート作品となる本作では、THE SHAMPOO HATから児玉貴志、ベターポーヅから松浦和香子、そして風琴工房より笹野鈴々音など、劇団員に加え魅力的な布陣で臨む。
ストーリー 『西瓜糖の日々』
1960年代アメリカビート・ジェネレーションのリチャード・ブローティガンの名作。
「西瓜糖ですべてのエネルギーを賄うユートピア」。
平和で必要なものが最低限満たされた静かな世界で広がる巨大な欠落感。
やがてユートピアは緩やかにデストピアに変貌していく…。
スタッフ 作・演出=山中隆次郎/企画・製作=(有)quinada ほか
キャスト 児玉 貴志(THE SHAMPOO HAT)/日下部 そう(ポかリン記憶舎)/笹野 鈴々音(風琴工房)/松浦 和香子(ベターポーヅ)/佐々木 光弘(猫★魂)/夏目 慎也(東京デスロック)/芦原 健介/數間 優一/山中 隆次郎
お問い合わせ スロウライダー
090-9393-0809
スロウライダー公式サイト

チケット発売日

2006年8月1日(火)

入場料金

前売自由2,500円/前売指定2,800円/当日指定3,500円(税込)

自由席は劇団前売のみ取り扱い 限定20席

チケット発売窓口

スロウライダー 090-9393-0809
電話予約はお受けしていません。

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:371-151
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2006年9月13日(水) 〜 9月18日(月・祝)

上演時間 約1時間30分

2006年9月

10 11 12 13
  •  
  •  
  • 19:30
14
  •  
  •  
  • 19:30
15
  •  
  • 14:30☆
  • 19:30
16
  •  
  • 14:30
  • 19:30
17
  •  
  • 14:30
  • 19:30
18
  • 14:00
  •  
  • 18:00
19 20 21 22 23
☆の回は昼ギャザ 有料動員20人ごとに100円をキャッシュバック
底値2,800円(当日指定3,500円のところ)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4020

トラックバック一覧