dracom『「今日(こんにち)の判定」「ソコナイ図」京都公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

dracom

dracom祭典

『「今日(こんにち)の判定」「ソコナイ図」京都公演』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年7月15日(金)〜7月18日(月・祝)
会場 アトリエ劇研
〒606-0856 京都府京都市左京区下鴨塚本町1
PR・解説 2008年初演『ハカラズモ』を基にした、謎のスポーツを描くダンスのような演劇作品と、昨年末から今年にかけての年越しに上演され、好評を博した作品の新演出上演。これはdracomの到達点であり、そして新たな出発点となる2本立ての演劇公演です。
                     
2作品はまったく関係がありませんし、作風が全然違います。
しかしどちらも、社会の疑わしさを何とかして時間や空間に還元しようとしたものである、という点では共通しています。
                          dracom リーダー  筒井潤
ストーリー 『今日の判定』
 スポーツの競技コートのような線が引かれている。しかし誰にとっても見覚えのない線の引かれ方である。そこに競技者らしき人たちが現れ、試合らしき行為が始まる。競技者らは熱いプレーを繰り広げているようだが、やはり競技の内容がわからない。そんな試合中に様々なドラマが展開する、シュールなユーモアと皮肉に満ちた、ほぼコメディー。

『ソコナイ図』
 年の瀬なのか、もう年が明けてしまっているのか定かでない時間。都市部にあるアパートの中の何もない小さな部屋。そこに横になっている女性がひとりで自問自答を繰り返している。生きて年を越したのか、それとも死んで年を越したのか。あるいはそもそも年はまだ越していないのか…。実際の餓死事件を基に創作された現代の悲劇作品。

その他の注意事項など
スタッフ 舞台監督:浜村修司(GEKKEN staffroom)   
音響:佐藤武紀   
照明:吉本有輝子(真昼)  
衣装:清川敦子(atm)(『今日の判定』)、松田早穂(『ソコナイ図』) 
小道具:村山裕希  
演出助手:小嶋謙介
宣伝美術:三澤敏博(絡繰堂)    
制作:石塚理絵、dracom制作部
キャスト 鎌田菜都実、キタノ万里、村山裕希、大石英史、小坂浩之、長洲仁美、稲葉俊、松田早穂、米津知実
お問い合わせ dracom制作部
preparacion.d@gmail.com

チケット発売日

2016年6月8日(水)

入場料金

前売り2,500円/当日2,800円/学生前売り2,000円/学生当日2,300円/2作品鑑賞チケット(前売りのみ)4,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

dracom 2作品鑑賞共通チケットをお求めの際は、備考欄に2作品目の鑑賞日時を記入してください。

チケット販売サイトへ

公演日程

2016年7月15日(金) 〜 7月18日(月・祝)

2016年7月

10 11 12 13 14 15
  • 19:30☆
  •  
  •  
16
  • 13:30☆
  • 19:30◎
  •  
17
  • 11:30◎
  • 17:30☆
  •  
18
  • 11:30☆
  • 17:30◎
  •  
19 20 21 22 23
☆今日の判定
◎ソコナイ図

情報登録:dracom

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=40221

トラックバック一覧