東京演劇集団風『ジャンヌ・ダルク−ジャンヌと炎』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE第18回凱旋公演

『ジャンヌ・ダルク−ジャンヌと炎』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年7月22日(金)〜7月24日(日)
会場 レパートリーシアターKAZE
〒164-0003 東京都東京都中野区東中野1-2-4
PR・解説 芸術監督 浅野佳成の呼びかけに、フランスの現代作家マテイ・ヴィスニユックが書き下ろした作品を、ウジェーヌ・イヨネスコ劇場と協働。2008年にモルドバ共和国で初演し、レパートリーシアターKAZEでの上演を重ね、2014年より全国巡回公演を開始。
すべての人々は、たとえ小さくても心に炎を燃やしている―
2年ぶりのレパートリー上演です。
ストーリー 旅役者の一行が語る、伝説の少女ジャンヌ・ダルクの物語。
時代は600年前のフランス。国王が継承者を残さずに亡くなり、勃発した権力争いは戦争と飢え、ペストを蔓延させていく。
フランスを死から救うため現れたのは、ひとりの羊飼いの娘。
ある日、神の声を聞いたジャンヌは、故郷を離れ、騎士となり、軍隊を率いて次々に勝利していった。だが、政治の犠牲となった彼女は、異端者の烙印を押され、火あぶりの刑となる。
「私の声が聞こえますか!」
“内なる声”を異端者として排除し、圧殺していく社会のなかで、迷いながらも自らの聞く“声“を信じ、必死で行動していくジャンヌ。
すべての人を許し、自身の生き方を貫き通す彼女の信念と炎は、伝説となって私たちの中に生き続ける。
スタッフ 作:マテイ・ヴィスニユック 翻訳:志賀重仁
演出:浅野佳成
上演台本:ペトル・ヴトカレウ
舞台美術・衣裳:ステラ・ヴェレブチュアヌ
照明:坂野貢也 音響:渡辺雄亮 舞台監督:佐田剛久
企画制作:佐藤春江 演出助手:江原早哉香 
キャスト 白根有子/栗山友彦
田中賢一/田中悟/佐藤勇太/車宗洸
木村奈津子/工藤順子/瘧師光一郎
お問い合わせ 東京演劇集団風
03-3363-3261
info@kaze-net.org
東京演劇集団風

チケット発売日

2016年6月1日(水)

入場料金

当日4,000円/前売3,800円/学生3,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

東京演劇集団風 03-3363-3261

チケット販売サイトへ

当日券情報 残席がある場合には、開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2016年7月22日(金) 〜 7月24日(日)

上演時間 約2時間15分

2016年7月

17 18 19 20 21 22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24
  • 14:00
  •  
  •  
25 26 27 28 29 30

後援:在日ルーマニア大使館
情報登録:東京演劇集団風

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=40304

トラックバック一覧