室生春カンパニー劇団風の森『月下を駆ける少女』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

室生春カンパニー劇団風の森

第78回本公演

『月下を駆ける少女』〜新宿花園町スパイラル〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年7月14日(木)〜7月17日(日)
会場 ザムザ阿佐谷
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 ラピュタビル B1F
PR・解説 この春、久しぶりに大きな人員変動を経験した劇団風の森。気持ちを新たに劇団員一丸となって本公演に挑みます。本来であれば、『スレンドラ三部作』上演の予定でしたが、何を血迷ったか、書き下ろしと相成りました。荒削りの台本が如何に立体的になりますやら。いつもの歌って踊って泣いて笑っての小劇場ファンタジーミュージカル。どうぞ、ご家族、お友達をお誘い合わせ下さって、大騒ぎでご覧くださいますよう。

室生春
ストーリー 「ねえ、サトを連れてって、あなたの街へ。」
「あたいの街は、あのぼろマントを纏ったルネ様の幻の街。消えては浮かび、浮かんでは消える風の街。それでもよければ行きましょう。」
賑わいの街、闇夜の祭りにひとりの少女が迷い込んだ。
ビルの谷間の月夜のステージ、ロンドの真中で靡く黒髪に白い光線を反射させてセーラー服の少女はひとり宵の風に踊る。
風に舞う楓の花びらが私の右手でスピンした。
踊り子は二コリと微笑んだ。
私はセーラー服の少女に恋をした。
やがて、星も月もここぞとばかりに張り出した雲に身を隠し、少女の舞は斜向かいのアパートの窓から放たれた一瞬の赤光に影を落とし闇の宙に消えて行った。
スタッフ 舞台監督:江口浩樹
照明:樟山憲一
音響:鋼孝志郎
衣装:志村有紀、橋本翔子
大道具・美術:五亮甘太、坂田誠介
小道具:熊坂眞哉
振付:峰綾子
イラスト:関映意子
デザイン:NOBU-GRANDIO
題字:室生春
制作:風の森制作部

[演奏]
violin:石井夕紀
guitar:室生春
キャスト 田村好美
江口浩樹
佐藤萌
五亮甘太
志村有紀
後藤利恵
小林航太
高橋結香
宮腰桃子
青柳葉津貴
熊坂眞哉
西海彩菜
橋本翔子
増田彩良
青木元樹
増島彩華
佐藤紀代美
豊田樹依



室生春
お問い合わせ 室生春カンパニー 劇団 風の森
03-6314-8942
murousyuncompany@yahoo.co.jp
室生春カンパニー劇団風の森HP

入場料金

3,000円/公開稽古2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

室生春カンパニー劇団風の森webサイト 03-6314-8942

チケット販売サイトへ

公演日程

2016年7月14日(木) 〜 7月17日(日)

2016年7月

10 11 12 13 14
  • 19:00
  •  
  •  
15
  • 19:00
  •  
  •  
16
  • 14:00
  • 19:00
  •  
17
  • 12:00
  • 16:00
  •  
18 19 20 21 22 23
2016年7月14日19:00〜の公演は公開稽古のためチケット料金が異なります。公開稽古の入場料は2,500円となります。

情報登録:室生春カンパニー劇団風の森

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=40499

トラックバック一覧