石野竜三・語り芝居プロジェクト『石野竜三・語り芝居「子別れ」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

石野竜三・語り芝居プロジェクト

石野竜三・語り芝居プロジェクト第18回公演

『石野竜三・語り芝居「子別れ」』落語「子別れ」原作 〜「子はかすがい」な人情話

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年10月1日(土)〜10月4日(火)
会場 創作中華酒房「幸宴」
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-14 石井米ビル
PR・解説  落語「子別れ」を原作にした一人語り公演です(朗読劇ではありません)。野菜ソムリエと薬膳インストラクターのいる創作中華酒房「幸宴」ですが、実はスイーツも絶品。そのスイーツを食べながらご覧頂けるイベントです。恒例となった公演期間限定メニューもお楽しみに!
ストーリー  時は明治の初め。神田竪大工町(かんだたてだいくちょう)に住む大工の熊五郎は、腕の良い職人だが、ひとたび酒が入るとガラッと人が変わって、すぐに女郎買いに行ってしまうと言うていたらく。

 その日は、山谷(さんや)のお寺でお葬式。ヘベレケで寝ている熊五郎を起こすと周りの者にからみ始めたので、呆れた町内の一同は熊五郎をおいてさっさと帰ってしまった。腹の虫が収まらない熊五郎は、酔った勢いで吉原へと繰り込む。

 四日ぶりに家に帰ると、女房のお徳が憮然としていた。いよいよ気まずい熊五郎だが、売り言葉に買い言葉でついには喧嘩になってしまう。驚いた長屋の者が仲裁に入るが、引っ込みがつかなくなった熊五郎は、お徳に離縁状を叩きつけて息子と一緒に追い出してしまった。

 後妻に昔なじみの吉原女郎を迎えたが、これがとんでもない女で、三ヶ月も経たないうちに自分から家を出ていく始末。ほとほと情けなくなった熊五郎は、キッパリと酒をやめて仕事に精を出す。

 それから三年。すっかり信用を取り戻し、若い衆の二、三人も使うようになった熊五郎は、偶然にも息子の亀吉と出会う。それとなくお徳の様子を聞いてみると、再婚の勧めも断り女手ひとつで亀吉を育てていると言う。それを聞いて熊五郎は……。

 お馴染の人情話「子別れ」を原作にした一人語りです。全く落語を知らなくても楽しめるように脚色しておりますので、お気軽にご来場ください。
スタッフ システムオペレーター:滝沢おさむ
キャスト 語り・脚本:石野竜三
お問い合わせ 石野竜三・語り芝居プロジェクト
katarishibai.project@ryuz.moo.jp
語り芝居「子別れ」オフィシャルサイト
創作中華酒房「幸宴」
0422-27-6904
創作中華酒房「幸宴」オフィシャルサイト
電話によるお問い合わせは11:30〜23:00。

チケット発売日

2016年7月1日(金)

入場料金

前売3,500円/当日3,800円(全席自由・税込)

・クレジットカード決済では、発券手数料はかかりません。コンビニ決済では、金額に応じて発券手数料がかかります。
・スイーツセット付きのイベントです。食べられないものがある場合は、お気軽にご相談ください。
・上演中も飲食は出来ますが、演出効果で場内が暗くなる場合がございます。

チケット発売窓口

石野竜三・語り芝居プロジェクト この公演オフィシャルサイトでチケットを買う事が出来ます。

チケット販売サイトへ

創作中華酒房「幸宴」 0422-27-6904
会場となる創作中華酒房「幸宴」でもチケットを販売しております。

チケット販売サイトへ

当日券情報 前売り券が完売しなかった場合のみ、各公演の開場時間より会場受け付けにて当日券を販売いたします。

公演日程

2016年10月1日(土) 〜 10月4日(火)

2016年10月

            1
  • 13:00
  •  
  •  
2
  • 13:00
  •  
  •  
3
  • 19:00
  •  
  •  
4
  • 19:00
  •  
  •  
5 6 7 8
※ 開場は各回とも開演の30分前です。

情報登録:石野竜三・語り芝居プロジェクト

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=40536

トラックバック一覧