鎌倉能舞台『能を知る会横浜公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『能を知る会横浜公演』「修験道と能」〜葛城【大和舞】〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年11月15日(火)
会場 横浜能楽堂
〒220-0044  神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘 27番地の2
PR・解説 この度は、雪に閉ざされた葛城山にて美しく舞を舞う女神が見どころの『葛城』を上演いたします。今回は「大和舞」という特殊演出により、主役はより女神らしく、視覚的には雪綿をいただいた「山」という道具を舞台上に置きよりわかりやすくなっています。また、野村萬斎氏による狂言『箕被』や、葛城山や修験道にちなんだ仕舞「高野物狂」「谷行」、 真言宗豊山派宝玉院住職の新井弘順氏による能と修験道に関する講演もお楽しみください。
ストーリー 『葛城』
 羽黒山の山伏(ワキ)が葛城山に峰入りしたところ、吹雪となり困り果てていた。するとそこへ一人の女(前シテ)が現れ自らの庵に招き入れる。
 山伏が後夜の勤行を始めようとすると、女は自らを三熱の苦しみから救って欲しいと頼む。そして自分は、期限までに岩橋を掛けなかった科により、明王から戒めを受けている葛城山の神だと名乗り、消え失せる。
 山伏が祈祷していると、呪縛から逃れた葛城山の神(後シテ)が女体で現れ、報謝の大和舞を舞う。しかし、女神は夜明けが近づくと醜い顔貌を見られることを恥じ、岩戸の中に隠れてしまう。
スタッフ 出演
講演:荒井弘順、        
シテ方:中森貫太、弘田裕一、駒瀬直也、奥川恒治、遠藤喜久、鈴木啓吾、永島 充、小島英明、坂真太郎、桑田貴志、中森健之介、     
ワキ方:殿田謙吉、
狂言方:野村萬斎、高野和憲、深田博治、     
笛:藤田貴寛、大鼓方:亀井広忠、小鼓方:観世新九郎、太鼓:観世元伯   
キャスト 曲目・演目:
講演:「修験道と能」荒井弘順 
仕舞:「高野物狂(こうやものぐるい)」弘田裕一 
   「谷行(たにこう)」駒瀬直也 
狂言:「箕被(みかずき)」野村萬斎、高野和憲 
能 :「葛城(かずらき)大和舞」 
    シテ 中森貫太、ワキ 殿田謙吉、アイ 深田博治 
    笛 藤田貴寛、大鼓 亀井広忠、小鼓 観世新九郎、太鼓 観世元伯
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467-22-5557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台

チケット発売日

2016年7月27日(水)

入場料金

指定席(一般)8,000円/自由席(一般)5,500円(税込)

自由席はプラス1000円でお好きな座席のご指定ができます。

お席のシステムは下記をご参照ください。
http://www.nohbutai.com/contents/03/0tyuui.htm

座席指定ご希望の方は鎌倉能舞台事務所宛お電話ください。

チケット発売窓口

鎌倉能舞台 0467-22-5557

チケット販売サイトへ

イープラス 能を知る会 横浜公演「葛城【大和舞】」

チケット販売サイトへ

当日券情報 開場後、会場受付にて販売

公演日程

2016年11月15日(火)

2016年11月

13 14 15
  • 14:00
  •  
  •  
16 17 18 19

情報登録:鎌倉能舞台

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=40630

トラックバック一覧