日本BeSeTo委員会 第23回BeSeTo演劇祭実行委員会 鳥の劇場運営委員会『第23回BeSeTo演劇祭 鳥取』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

日本BeSeTo委員会 第23回BeSeTo演劇祭実行委員会 鳥の劇場運営委員会

日本、中国、韓国の舞台が集まる国際演劇祭

『第23回BeSeTo演劇祭 鳥取』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年9月14日(水)〜10月10日(月・祝)
会場 とりぎん文化会館(鳥取市)/倉吉未来中心(倉吉市)/米子市文化ホール(米子市)/鳥の劇場(鳥取市鹿野町)/夢みなとタワー(境港市)
鳥取県上演会場、複数 各上演会場により異なる
PR・解説 BeSeTo演劇祭は、日本、中国、韓国の演劇人の、連帯への強い信念に支えられて、政治的な混乱の中でも20年以上一度も欠かさず開催されてきました。現在は三国演劇人の友情と信頼の象徴であるとともに、東アジアの新たな文化を広く世界に発信するためのプラットフォームともなりつつあります。
このたび、日本BeSeTo委員会は、鳥取、富山、新潟の連携による環日本海地域の国際協働と発信を、新しい活動の柱として加えることを決めました。それは、文化の東京集中からの脱却であり、環日本海三国の交流という古代からの伝統の新しい再生の動きでもあります。
2016年は、東京開催の歴史とノウハウを継承しつつ、鳥取県での開催を中心とし、新潟市にも作品を巡回します。演劇関係者や愛好家だけでなく、広く一般の市民にも作品の魅力を紹介し、演劇という祝祭的な時・場を通じての東アジアの交流と連帯の確認の機会とすることを目指します。公演と並行して、学校などでワークショップも開催し、交流の深化を図ります。
キャスト 出演団体:劇団ドン[韓国]/浙江紹劇藝術研究院[中国]日中韓3カ国共同制作公演(志賀亮史[日本]劇団「百景社」演出家、李卓群[中国]北京京劇院の若手脚本家・演出家、オ・セヒョク[韓国]劇作家・演出家)/Noism[新潟]/劇団旅行者[韓国]/陝西人民藝術劇院[中国]/鳥の劇場(日本) × 劇団ティダ(韓国)/他
お問い合わせ BeSeTo演劇祭
0857-84-3268
info@birdtheatre.org
第23回BeSeTo演劇祭 鳥取
託児します(無料・要予約)
各上演プログラムに合わせて、それぞれの会場で託児を行います。
※託児士手配の都合上、必ずご予約ください。ご予約は(0857)84-3268(鳥の劇場)まで。

チケット発売日

2016年8月3日(水)

入場料金

大人2,500円/大学生2,000円/中高生500円(全席自由・税込)

小学生無料
大学生※学生証の提示をお願いします。

チケット発売窓口

鳥の劇場 0857-84-3268
電子メール:ticket@birdtheatre.org
■予約 下記窓口にて前日までにご予約ください。料金は公演当日、各会場受付でお支払いください。
○シンポジウム/オープニング・レセプション 無料・要予約

チケット販売サイトへ

とりぎん文化会館 0857-21-8700
倉吉未来中心 0858-23-5390
米子市文化ホール 0859-35-4171
当日券情報 (前売・予約・当日共) 日時指定あり

公演日程

2016年9月14日(水) 〜 10月10日(月・祝)

2016年9月

11 12 13 14
  • 19:00
  •  
  •  
15 16
  • 19:00※
  •  
  •  
17
  • 14:00※
  • 19:00○
  •  
18
  • 14:00○
  • 19:00●
  •  
19
  • 14:00●
  •  
  •  
20 21 22 23 24
  • 16:00◎
  •  
  •  

2016年10月

            1
  • 14:00☆
  •  
  •  
2
  • 14:00☆
  •  
  •  
3 4 5 6 7
  • 19:00★
  •  
  •  
8
  • 14:00★
  •  
  •  
9
  • 19:00A
  •  
  •  
10
  • 14:00A
  •  
  •  
11 12 13 14 15
9月14日(水)19時~
オープニング・レセプション 料金:無料(要予約)
世界的に活躍される演出家で、本演劇祭創立者の一人でもある鈴木忠志氏にもご参加いただき、この演劇祭への思いなどを語っていただきます。

※ 9月16日(金)・17日(土)14時
劇団ドン[韓国]『蟹工船』
会場:倉吉未来中心
元祖ブラック企業!?繰り返される苦役に身体と思考がどう変化していくのか?小林多喜二の同名小説をもとにした作品。


○ 9月17日(土)19時・18日(日)14時
浙江紹劇藝術研究院[中国]『孫悟空 白骨夫人編』
会場:米子市文化ホール
おなじみの『西遊記』、中国の伝統芸能《紹劇》をベースに演じられます。コミカルで愛らしい孫悟空の動きに大人もこどもも楽しめます。

● 9月18日(日)19時・19日(月祝)14時
日中韓3カ国共同制作公演 『麦克白!맥베스!!マクベス!!!』
会場:鳥の劇場
シェイクスピアの名作に日本・中国・韓国の若い世代の演劇人が挑む!普遍的な権力をめぐる闘争がアジアの様式で鳥取から生まれる。

◎ 9月24日(土)16時
Noism[新潟]劇的舞踊vol.3『ラ・バヤデール−幻の国』
会場:米子市文化ホール
Noism最新作は、古典バレエの名作を演劇×舞踊で描き出す“幻の国”

☆ 10月1日(土)・2日(日)14時
劇団旅行者[韓国]『ジャングルブック』
会場:とりぎん文化会館
今年映画でも話題になった「ジャングルブック」。そこでは描かれなかった物語の別の面白さを5人の俳優だけで演じます。ジャングルのようなエネルギーを見逃すな!

★ 10月7日(金)19時・8日(土)14時
陝西人民藝術劇院[中国]『かごの鳥の青春−當青春不再懷念蝴蝶的傷』
会場:倉吉未来中心
中国版・ロミオとジュリエット⁉悲しい恋物語を現代風にアレンジ。簡単な小道具とパントマイムで空間を表現、生演奏やライブドローイングも織り交ぜながら物語を繊細に紡ぐ。

A 10月9日(日)19時・10日(月祝)14時
鳥の劇場(日本) × 劇団ティダ(韓国)共同制作公演 『詩の教室』
会場:鳥の劇場
日本による朝鮮の植民地支配・言葉の抑圧などをテーマに、詩を切り口にして、『戦争』を見つめます。


【シンポジウム】
8月27日(土)14時〜16時 
シンポジウム「海をつうじて行き交うもの 異なるものとの交流が未来をひらく」
会場:夢みなとタワー(境港市)料金:無料(要予約)

情報登録:NPO法人鳥の劇場

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=40835

トラックバック一覧