劇団サーカス劇場『熱帯、オフィーリアの花環』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団サーカス劇場

劇団サーカス劇場第11回公演

『熱帯、オフィーリアの花環』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

再演の要望の高かった第2回公演『熱帯、雨の少女』、全面改訂版再演!

公演データ

公演期間 2006年8月11日(金)〜8月14日(月)
会場 池袋小劇場
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-3-5
PR・解説 「音楽のような言葉、決闘のようなダイアローグ、夢のような芝居」をモットーとし、特異な言語感覚で織り成された骨太の戯曲と役者陣の情熱溢れる演技によって、「絶対的なアウラの体験」としての演劇の創出を志す。
ストーリー 1968年8月、晴海埠頭の客船ターミナルにほど近い倉庫。
父を探して南洋興発株式会社を訪ねてきたサクラは、ジャワから来たステイという女と出逢う。
ステイを日本に連れてきたのは、劇作家の黒崎先生。
彼はステイを女優にするため、サクラとステイを引き離そうとする。
そして黒崎先生が演出し、ステイがオフィーリアを演じる『ハムレット』の幕が上がった。
近代アジアの傷口を浮かび上がらせながら歴史を遡航する『ハムレット』は、日本人の暗い記憶を辿って、いかなる水源に行き着くのか。
日本と熱帯、戦後と戦中をつないで展開する、イメージの万華鏡。
2002年上演の『熱帯、雨の少女』、全面改訂版再演。
スタッフ 脚本・演出=清末浩平/舞台監督・美術=池邊正一朗/装置=松村友多佳/照明=川口典成/音響=岩橋真美/作曲=深山覚/衣裳=野中万紗子/宣伝美術=雲雀亭/制作=向井佑/撮影=飯野慶 ほか
キャスト 森澤友一朗/柳瀬絹子/新名佳奈子/町野啓介/森学士/千葉猛
お問い合わせ 劇団サーカス劇場
080-3121-4743
circus_theatre@yahoo.co.jp
劇団サーカス劇場公式ホームページ

チケット発売日

2006年6月10日(土)

入場料金

一般前売2,000円/一般当日2,200円/ペア3,000円/学生前売1,500円/学生当日1,700円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団サーカス劇場 080-3121-4743

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年8月11日(金) 〜 8月14日(月)

上演時間 約2時間10分(内、休憩約10分)

2006年8月

6 7 8 9 10 11
  • 19:00
  •  
  •  
12
  • 14:00
  • 19:00
  •  
13
  • 14:00
  • 19:00
  •  
14
  • 13:00
  • 18:00
  •  
15 16 17 18 19

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4103

トラックバック一覧