うずめ劇場『アントニーとクレオパトラ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

うずめ劇場

うずめ劇場20周年記念公演

『アントニーとクレオパトラ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2016年10月25日(火)〜10月30日(日)
会場 シアターΧ
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
PR・解説  劇団20周年記念公演にして、多方面で活躍する在日ドイツ人演出家ペーター・ゲスナーの集大成!ドラマトゥルグに松岡和子氏を迎え強力なキャスト・スタッフ陣とともに、新たな切り口の“誰も見たことがない「アントニーとクレオパトラ」”をお贈りします。

☆作品を三倍楽しめるオリジナル・ガイドブック プレゼント!
☆ご観劇のお客様へ、休憩中にワイン ワンドリンクサービス!
→詳しくは劇団HPにて。

※平成28年度 第71回文化庁芸術祭参加作品
※シアターX提携公演
ストーリー ジュリアス・シーザーの暗殺後、三頭政治が行われている古代ローマ。三執政官の一人であるアントニーは、シーザーの副官として武勇を振るった武人だったが、現在はエジプトのアレキサンドリアでクレオパトラの美貌に溺れ、周囲を呆れさせている。一方、シーザーの跡継ぎ候補として執政官の一人になったオクティヴィアス・シーザーは、ローマ本国の体制を確固なものとするために、権謀を巡らせていた。ローマに残した妻の悲報を受けたアントニーは、政治的理由からオクティヴィアスの姉と再婚する。嫉妬に狂うクレオパトラ。
 しかし、アントニーとオクティヴィアスの確執はやがて決定的になり、ローマとアレクサンドリアの間で、地中海を挟んでの海戦に発展する……。
スタッフ 作:W・シェイクスピア 演出:ペーター・ゲスナー ドラマトゥルク:松岡和子・布施有菜
舞台美術:石原敬 舞台監督:伊達一成 衣装:月岡彩 映像:浜嶋将裕 照明:桜井真澄 音響:藤平美保子
演出助手:布施有菜・小林毅 宣伝美術:長田咲紀 フライヤーイラスト:棚橋なもしろ
ガイドブック:棚橋なもしろ・藤澤友 票券:佐藤武 広報:小野寺愛 制作:藤澤友
助成:芸術文化振興基金 主催:うずめ劇場
キャスト 内野智、後藤まなみ、松尾容子、大川潤子、小川剛生、上川路啓志、佐藤滋、薄平広樹、はたやまよしみ、河内大和、原口紘一、篠田竜、小島彰浩、竹本優介、河村岳司、小林毅、ペーター・ゲスナー

入場料金

一般前売4,500円/一般当日5,000円/学生(前売・当日ともに)3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:451-619

チケット販売サイトへ

うずめ劇場

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて受付

公演日程

2016年10月25日(火) 〜 10月30日(日)

上演時間 約3時間30分
(休憩あり)

2016年10月

23 24 25
  • 18:00
  •  
  •  
26
  • 13:00
  • 18:00
  •  
27
  • 13:00
  • 18:00
  •  
28
  • 18:00
  •  
  •  
29
  • 13:00
  • 18:00
  •  
30
  • 11:00
  • 16:00
  •  
31          

情報登録:うずめ劇場

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=41164

トラックバック一覧