Sulcambas!『演劇関係いすと校舎「草、のびて、家。」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Sulcambas!

カシューナッツ#2 12帖演劇祭

『演劇関係いすと校舎「草、のびて、家。」』「お父さんが警察に捕まりました。」から始まる家族のはなし

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

「お父さんが警察に捕まりました。」から始まる家族のはなし

公演データ

公演期間 2016年11月5日(土)〜11月6日(日)
会場 花習舎
〒862-0902 熊本県熊本市東区東本町1-62-3F
PR・解説 演劇関係いすと校舎は行橋高校演劇同好会の卒業生を中心に2000年3月に結成。福岡県行橋市を拠点に活動を行っている。
2005年より民家を公演会場にした「自宅劇場公演」や、「家出公演」と称した市外・県外公演、劇団主催のワークショップを実施するなど、地域に根差した劇団として活動を展開している。
上演作品のほとんどを、劇団代表である守田慎之介が執筆しており、地元の方言を使い、町の匂いや風土を感じる日常風景から、そこに生活する人々の心模様を描き出す作品を得意としている。2013年「群れる青、トコロ。」、2014年「ボクと彼女の、花。」、2015年「草、のびて、家。」で3年連続九州戯曲賞最終選考にノミネートされる。
今回は2015年九州戯曲賞最終選考にノミネートされた作品の、待望の再演。
ストーリー -お父さんが警察に捕まりました-
と言った、母の言葉。その時の、母の顔。
それを聞いてた、見ていた、兄弟たち。
これは何なのか?真実?偽り?向こうの世界の話じゃなくて?家族は崩壊?継続?再編?再生?
それで、この家はどうなるの?
秋の夕暮れ。外から聞こえていたのは、いつもの虫の声ではなくて、家を取り囲んでいる知らない人たちのヒソヒソ声でした。
スタッフ 作・演出:守田慎之介
キャスト 出演:粟飯原百良、高野由紀子、中川歩、平林拓也、松下龍太朗、松本未来(じあまり。)、守田慎之介、柳本あゆみ、吉田砂織(川笑一座)
お問い合わせ Sulcambas!
090-2397-2841
seisaku@zero-so.com
Sulcambas!

入場料金

一般前売1,000円/一般当日1,500円/高校生以下1,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

Sulcambas! 090-2397-2841

チケット販売サイトへ

公演日程

2016年11月5日(土) 〜 11月6日(日)

上演時間 80分

2016年11月

    1 2 3 4 5
  • 19:00
  •  
  •  
6
  • 13:00
  • 17:00
  •  
7 8 9 10 11 12

情報登録:Sulcambas!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=41454

トラックバック一覧