Kバレエカンパニー『ラ・バヤデール』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Kバレエカンパニー

熊川哲也 Kバレエカンパニー Autumn2016

『ラ・バヤデール』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

熊川哲也の輝かしきスターダムへの道はここから始まった。
バレエ界にさらなる伝説を刻んだスペクタクル超大作、待望の再演!

公演データ

公演期間 2016年11月18日(金)〜11月20日(日)
会場 東京文化会館 大ホール
〒110-0007 東京都台東区上野公園5-45
PR・解説 “熊川哲也の輝かしきスターダムへの道はここから始まった。バレエ界にさらなる伝説を刻んだスペクタクル超大作、待望の再演!”
英国ロイヤル・バレエ入団直後、17歳にしてオペラハウスの観客を熱狂させたブロンズ・アイドル、その3年後に異例の抜擢を受け、プリンシパル昇格への道筋を確実なものとしたソロル。
熊川哲也が自身のキャリアにおいて重要な位置を占めるこの『ラ・バヤデール』を新プロダクションとして手掛けたのは2014年、Kバレエカンパニー設立15周年のことだった。
古代インドへとタイムスリップさせる荘厳な美術は圧倒的スケールを誇り、作品を熟知すればこその視点で緻密に編まれた物語は、愛憎渦巻く人間ドラマとして精彩を放ちながら熊川独自の想いを込めたかつてない結末へと観客を運んでいく。もちろん、名場面として知られる影の王国での群集の圧倒的な美もKバレエならではだ。
待望の再演となる今回は、5月『白鳥の湖』で19歳にして主演デビューを果たした矢内千夏と、彼女との共演によるアシュトン振付『ラプソディ』で注目を集めたばかりの山本雅也という、次代を担う新たな才能の抜擢にも期待が高まる!
ストーリー  舞台は古代の南インド。寺院の舞姫ニキヤと高名な戦士ソロルは密かに愛し合い、神に結婚の誓いを立てる。しかしソロルを気に入った領主ラジャは、娘である王女ガムザッティとの結婚を彼に命じる。権力と彼女の美しさに抗えず結婚を承諾してしまうソロル。
 ニキヤに求愛を拒絶された大僧正はソロルを貶めるため、ニキヤとソロルの関係をラジャに密告する。一方、ソロルに心惹かれるガムザッティはニキヤに身を引くよう迫るが、ニキヤも一歩も引かず二人は言い争いとなる。そしてラジャは邪魔なニキヤを亡き者とするため、毒殺を画策する。
 ガムザッティとソロルの婚約の宴で悲劇が起きる。ソロルに裏切られて悲嘆にくれるニキヤは命じられるままに祝いの舞いを踊る。その最中、ソロルから花籠を手渡され喜びを感じたのもつかの間、ラジャたちによってその籠に仕組まれていた毒蛇にかまれたニキヤは、絶望のうちに死んでいく。ニキヤの死に衝撃を受け罪悪感に苦しむソロルは、幻影の中でニキヤと出会う。愚かな人間たちが引き起こしたこの愛憎劇の末路は……。
スタッフ 演出・再振付:熊川哲也、原振付:マリウス・プティパ、音楽:レオン・ミンクス、舞台美術・衣裳デザイン:ディック・バード、照明デザイン:足立恒、Photographs:Jin Kimoto/Shunki Ogawa/Hidemi Seto
キャスト 【キャスト】11月18日(金)14時・20日(日)14時:矢内千夏(ニキヤ)/山本雅也(ソロル)/中村春奈(ガムザッティ)/篠宮佑一(ブロンズ・アイドル)、18日(金)18時30分・19日(土)16時30分:中村祥子(ニキヤ)/遅沢佑介(ソロル)/浅川紫織(ガムザッティ)/井澤諒(ブロンズ・アイドル)、19日(土)12時30分:白石あゆ美(ニキヤ)/伊坂文月(ソロル)/浅野真由香(ガムザッティ)/益子倭(ブロンズ・アイドル)、【指揮】井田勝大、【管弦楽】シアターオーケストラトーキョー※キャスト予定は10月14日現在。出演者の病気や怪我など、やむを得ない事情により変更となる場合があります。最新のキャスト情報はhttp://k-ballet.co.jp/companyにてご確認ください。なお、公演中止の場合を除き、実施する公演に関して、キャスト変更に伴うチケット代金の払い戻し、公演日や券種の変更は原則としてお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ チケットスペース
03-3234-9999
チケットスペース
※開演時間、キャストは日によって異なります。詳細は公式HPにてご確認ください。
【お問合せ】平日・土:10時〜12時、13時〜18時

チケット発売日

2016年9月16日(金)

入場料金

S席14,000円/A席10,000円/B席8,000円/C席6,000円(全席指定・税込)

※公演中止の場合の旅費、チケット送料等の補償はいたしかねます。
※5歳以上の入場可。但し、お席は必要です。(4歳以下入場不可)
※演出上開演後の入場は制限させていただく場合があります。

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:453-763

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:31793

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

チケットスペース 03-3234-9999
【お問合せ】平日・土:10時〜12時、13時〜18時

チケット販売サイトへ

東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
TBSオンラインチケット

チケット販売サイトへ

公演日程

2016年11月18日(金) 〜 11月20日(日)

上演時間 約2時間25分(※前回公演参考時間)
第一幕 約70分
休憩   25分
第二幕 約50分

2016年11月

13 14 15 16 17 18
  • 14:00○
  • 18:30○
  •  
19
  • 12:30○
  • 16:30○
  •  
20
  • 14:00○
  •  
  •  
21 22 23 24 25 26
※開場は開演の30分前

情報登録:株式会社インタースペース

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=41573

トラックバック一覧