踊る『熊谷拓明』カンパニー『幕が開かない日もあるの』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

踊る『熊谷拓明』カンパニー

踊る『熊谷拓明』カンパニー ダンス劇

『幕が開かない日もあるの』

  • 公演中
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

2017年新作は、変化、進化、覚悟の一作!お見逃しなく!

公演データ

公演期間 2017年1月12日(木)〜1月15日(日)
会場 d-倉庫
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6-19-7-2F
PR・解説 2012年より『ダンス劇』の制作をはじめ数々の作品を発表してきた熊谷。
当初から、言葉、動き、歌を使い、ミュージカルでも演劇でもないスタイルを
模索し続け、『ダンス劇』の形も変化を続けてきたが、2016年に発表した
彼自身の37年を描いたソロ作品『ひとりで出来ることを数えたら』は、
今までのどの作品より、踊り、叫び、歌ったのだった。
確かな感触とエネルギーを得た熊谷は、過去何度も熊谷作品に出演、
熊谷を師と仰ぐダンサー『宮内大樹』を師弟関係ではなく、本当のパートナーとして
引きずり回す覚悟のもとキャスティング。
東京高円寺で初めてセッションした夜から親交を深めてきた、シンガーソングライター
『サトウリュースケ』を迎え、2017年男3人ダンス劇に挑む。
ストーリー 二人の男がたまたま耳を傾けたラジオ。
そのラジオの中で歌う男。静かに始まった3人の夜は、
窮屈な太陽から見放された楽園とかした。

僕だけ...だと思っていた。君も君だけ...だと思っていた。
沢山の『僕だけ』があることを想ったら、あの歌が降ってきた。
肩を寄せ合うのは弱さなんかじゃなく、覚悟なんだと思う。
スタッフ 作・演出・振付 / 熊谷拓明

出演 / 宮内大樹 サトウリュースケ 熊谷拓明 楽曲提供 / サトウリュースケ

美術 /  上領大祐  衣装 / 山田いずみ 照明 / 山口明子(Theater Kanpany)音響 / 余田崇徳  

演出助手 / 村山香菜  制作 / 水谷亮子 

舞台監督 / 菅隆司(Theater Kanpany) 企画 / 踊る『熊谷拓明』カンパニー

宣伝美術 / タラコデザイン  宣伝写真 / ARISAK
キャスト 出演 / 宮内大樹 サトウリュースケ 熊谷拓明 楽曲提供 / サトウリュースケ
お問い合わせ 踊る『熊谷拓明』カンパニー
odoru-kumagai@e-mail.jp

チケット発売日

2016年10月23日(日)

入場料金

一般(全席自由席)3,800円/学割(全席自由)3,300円/団体割(全席自由)※5名様以上でのお申し込み3,300円(税込)

※団体割、学割を希望の方は必ず、踊る『熊谷拓明』カンパニーのメールサービスよりお申し込みく ださい。

チケット発売窓口

踊る『熊谷拓明』カンパニー odoru-kumagai@e-mail.jpへ
お名前、ご連絡先、希望日時、希望枚数、割引の有無を記入の上送信ください。
 スタッフからの返信をもって予約完了となります。)
※団体割、学割を希望の方は必ず、踊る『熊谷拓明』カンパニーのメールサービスよりお申し込みください。
e+(イープラス)
eplus.jp
Confetti(カンフェティ) 0120-240-540
通話料無料・オペレーター対応
    (受付時間 平日10:00〜18:00)

チケット販売サイトへ

peatix

チケット販売サイトへ

割引情報 学割3800円→3300円※当日学生証の提示をお願いいたします。
団体割3800円→3300※5名様以上でのお申し込み。
※団体割、学割を希望の方は必ず、踊る『熊谷拓明』カンパニーのメールサービスよりお申し込みください。

公演日程

2017年1月12日(木) 〜 1月15日(日)

上演時間 約70分
空席状況などにつきましては、踊る『熊谷拓明』カンパニー
odoru-kumagai@e-mail.jpまでお問い合わせください。

情報登録:踊る『熊谷拓明』カンパニー

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=41744

トラックバック一覧