劇団ユニット・ラビッツ『幻影城の女たち−胡蝶の夢編−』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団ユニット・ラビッツ

Space早稲田演劇フェスティバル2016

『幻影城の女たち−胡蝶の夢編−』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

初日の特別ゲストは映画監督のお二人。榎田竜路さんと井上淳一さん。榎田さんは復興支援メデイア隊として被災地と様々な人たちとの橋渡しをし続けておられる方です。僕らを何度も取り上げてくれたBS12の番組「未来への教科書」のプロデューサーさん。現在は復興に関する有識者としても活躍されています。井上淳一さんは、 東京電力福島第一原発の事故後のある農家をファーカスし、鋭く迫った映画「大地を受け継ぐ」の熱い熱いハートの監督さんです。そんな福島に深く関わりを持つお二人が劇中に乱入していただけることになりました。
2日目11日はアングラの巨匠の日です。昼にはイケるレジェンド大久保鷹さん、夜には帝王流山児祥さんらの乱入が決定。オソロシイ1日になりそうです。
3日目12日昼には佃典彦さんの登場です。通称名古屋のミラーマン。
12日夜には福島県の誇り藤井びんさんの登場です。前回の「あれからの・・・」では愛にあふれる改造人間ドンブラコさまを熱演してくださいました。
千秋楽13日には流山児祥リターンズ!彼の得意技アックスボンバーが炸裂する予感。よけろ猪木!また失神しちゃうぞ!

公演データ

公演期間 2016年11月10日(木)〜11月13日(日)
会場 Space早稲田
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町74番地
PR・解説 劇団ユニット・ラビッツは、福島県郡山市を拠点として、平成17年から活動する市民演劇団体である。当劇団は、東日本大震災以降、主宰・佐藤茂紀書き下ろしによる、福島および日本、ひいては世界の現状と未来を見据えた作品を上演し続けてきた。当劇団の目的は、観客とともに今という時代を考える時間を共有し、文化面精神面における東北復興、日本再生に資することである。
当劇団は、昨年度、文化庁による「平成27年度戦略的芸術創造推進事業ステップアップ・プロジェクト」として、流山児★事務所との共同制作「あれからのラッキー☆アイランド」を福島県内及び東京にて上演した。その際に生まれた流山児★事務所との交流から、今回、流山児★事務所の役者たちと流山児祥氏(作品監修・演出協力)を福島に迎え、福島県産演劇を作り上げ、東京へと出荷することを目的として、本祭に参加する。
ストーリー 「私たちが今すべきこと、それは、演劇!」教室に女子高生がいる。女の先生もいる。かつて女子高生だった、そんな女もいる。女先生にはふと思うことがある。それは震災から5年半、ずっと夢を見続けているのではないかと言うことだ。いつか原発事故が起きる前の夕暮れの教室で生徒たちの笑い声で目が醒めるはずなのだ。
起こり続ける不条理は夢だからだと。そう思いながらも日常は過ぎていく。今彼女の目前には文化祭の出し物であろう演劇の稽古をしている生徒たち。演劇と向き合うことで生徒たちの中に封じ込められていた言葉が、肉や皮膚を突き破り噴出し始める。放課後の教室は彼女たちの世界と化し、様々な思いで満たされていく。
舞台の熱に火照った彼女たちの耳に、突如スマホの緊急警報が鳴り響いた。地震! 震源地は近く、浅い。大地が起き上がろうとでもしているのか――おい、待て、テレビを見ろ。ヤバイことになってるぞ。フクシマが、フクシマが動いている! 波をかき分け海を越え、ゲンパツと女たちを乗せたフクシマが、どんぶらこっこと向かっているその先は――東京じゃないか!?
 平成27年、衝撃とともに人々に届けられた傑作『あれからのラッキー☆アイランド』に続き、最新作をもって再び東京の地に上陸。超リアルに福島の声を伝える。夢か現実か?劇場という自由空間で、福島の“今”と出会ってほしい。
スタッフ 【舞台監督】イワヲ(流山児★事務所)
【音楽】多良間通朗(楽塾)
【音響】廣田裕美(流山児★事務所)、岩田隼(劇団ユニット・ラビッツ)
【照明】新藤浩(ケイエムステ−ション)
【美術】イワヲ(流山児★事務所)
【宣伝美術】佐々木雅彦(劇団ユニット・ラビッツ)
【制作】大久保遊人(劇団ユニット・ラビッツ)、劇団ユニット・ラビッツ
キャスト 【出演】鈴木紀子(劇団ユニット・ラビッツ)
【出演】佐原由美(流山児★事務所)
【出演】竹本優希(流山児★事務所)
【出演】松岡沙也華(劇団ユニット・ラビッツ)
【出演】鹿又由菜(劇団ユニット・ラビッツ)
【出演】遠藤聖汰(劇団ユニット・ラビッツ)
【出演】山下直哉(流山児★事務所)
【出演】成田浬(Eternal Universe Inc.)
【出演】他、ゲスト
お問い合わせ 劇団ユニット・ラビッツ
090-3648-048
unit.rabbits@gmail.com
幻影城の女たち-胡蝶の夢編-

チケット発売日

2016年8月16日(火)

入場料金

一般3,500円/U252,500円/高校生1,000円(全席自由・税込)

当日一般 3,800円 U25 2,800円 高校生 1,000円

チケット発売窓口

劇団ユニット・ラビッツ 090-3648-0481
メール     unit.rabbits@gmail.com
ホームページ  www.unitrabbits.com
フェイスブック https://www.facebook.com/unitrabbits/
ツイッター   https://twitter.com/unit_rabbits

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演一時間前より劇場にて販売。

公演日程

2016年11月10日(木) 〜 11月13日(日)

上演時間 約1時間30分

2016年11月

6 7 8 9 10
  • 19:00
  •  
  •  
11
  • 14:00
  • 19:00
  •  
12
  • 14:00
  • 19:00
  •  
13
  • 13:00
  •  
  •  
14 15 16 17 18 19

情報登録:劇団ユニット・ラビッツ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=41881

トラックバック一覧