新国立劇場『イワーノフ/オイディプス王』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

新国立劇場

劇的な情念をめぐって −世界の名作より−

『イワーノフ/オイディプス王』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年11月4日(土)〜11月12日(日)
会場 新国立劇場 小劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町 1-1-1
PR・解説 鈴木忠志の16年ぶりの東京公演にして新国立劇場初登場となる今公演は、「劇的な情念をめぐって」と題し、世界の名作を原作にした3作品を中劇場・小劇場の交互公演でおおくりします。いずれの作品にも戯曲の本質を見抜く鈴木氏独自の解釈が施され、作品本来のテーマがより鮮やかにえがかれていきます。
ストーリー 『イワーノフ』
知識人・イワーノフとその妻アンナの前に現れる“籠の男”や“籠の女”。それらは全て、イワーノフの幻想だった。
他人との意思の疎通が出来ない主人公イワーノフの絶望感を“籠”として現出させた演出は、モスクワでも「全てを一掃する解釈革新の嵐が、陽気で容赦ないこれほどの力を持ってチェーホフに吹き荒れたことは絶えてなかった」と大きな賞賛を浴びました。人種差別問題を現代的に問い直した本作は必見です。

『オイディプス王』
「日本の古い伝統演劇である能と古代に上演されたギリシア悲劇とには、類似性がある」という鈴木氏は、このソフォクレスの戯曲を日本の舞台芸術が蓄積してきた伝統のうちに溶かし込もうと試みます。オイディプスの終わることのない苦悩を、円を描く動きと回転する装置で視覚化し、運命と闘う人間の極限の姿を描いたギリシア悲劇の最高傑作が、現代に再生します。
スタッフ 原作=アントン・チェーホフ(『イワーノフ』)/ソフォクレス(『オイディプス王』)/構成・演出=鈴木忠志
キャスト ゲッツ・アルグス(『オイディプス王』)/静岡県舞台芸術センター(SPAC)劇団員

チケット発売日

2006年9月10日(日)

入場料金

A席5,250円/B席3,150円(税込)

チケット発売窓口

新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:371-061

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
lawsonticket.com
Lコード:35632
e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)

公演日程

2006年11月4日(土) 〜 11月12日(日)

2006年11月

      1 2 3 4
  •  
  • 17:00
  •  
5
  •  
  • 17:00貸切
  •  
6
  •  
  •  
  • 18:30
7 8 9
  • 14:00
  •  
  •  
10
  • 14:00貸切
  •  
  •  
11
  • 14:00
  •  
  •  
12
  •  
  • 17:00※
  •  
13 14 15 16 17 18
開場は開演の30分前です。
※託児室<キッズルーム『ドレミ』>がご利用になれます。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4223

トラックバック一覧