工藤俊作プロデュース プロジェクトKUTO-10『あたらしいなみ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

工藤俊作プロデュース プロジェクトKUTO-10

工藤俊作プロデュース プロジェクトKUTO-10 第16回公演

『あたらしいなみ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年3月16日(木)〜3月19日(日)
会場 シアター711
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15
PR・解説 関西小劇場界の作家、演出家の斬新な組合せで作品を創造するプロジェクトKUTO-10。今回は、作/サカイヒロト(WI'RE)【2000年11月第7回OMS戯曲賞佳作受賞、2002年11月第9回OMS戯曲賞大賞受賞】、演出/樋口ミユ(Plant M)【2000年11月第7回OMS戯曲賞大賞受賞、2001年12月2年連続、第8回OMS戯曲賞大賞受賞】で送る
ストーリー 大学の映画研究部で同じ時代を過ごした4人。かつて、ひとつのファインダーの中にいた若者たちは、一人ずつ枠から離れ、それぞれの生活を送っている。忘れられない記憶、封印したはずの過去を抱えながら。当時、上映会に向けて映画作りをしていたが、監督の河原が失踪したことによって作品は未完のままだ。あのとき、自分たちが魅入ってしまったファインダーの向こうの世界。あの世界に踏み込んだがゆえに、河原は消えてしまったのか。辻はその世界に向き合うことができず、フィルムを切っていた。そして26年が経っても、記憶は風景となり、映画のワンシーンのようにカメラを覗く辻の白昼夢に現れる。学生時代の仲間、黒森・中南に頼まれ再びカメラを構えた辻は、若き日の自分と向き合い、友人達と向き合い、切り取られた過去と向き合ってゆく。
スタッフ 作・ サカイヒロト(WI'RE)/演出・樋口ミユ(Plant M)/舞台監督・永易健介/舞台美術・池田ともゆき/照明プラン・池辺茜/照明オペレーター・葛西健一/音響・大西博樹/映像・タナベリョウヤ/宣伝美術・粟根まこと/チラシイラスト・土谷稔/制作・岡本康子(TRASH²)
キャスト 工藤俊作 久保田浩(遊気舎) 保 佐々木淳子(劇団●太陽族) 石橋和也 うえだひろし(リリパットアーミーII) 大江雅子 長橋遼也(リリパットアーミーII)
お問い合わせ プロジェクトKUTO-10
kuto_10_produce@yahoo.co.jp
公式ブログ

チケット発売日

2017年1月9日(月・祝)

入場料金

一般前売3,000円/一般当日3,300円/学生前売2,000円/学生当日2,300円/ペア割引5,000円(税込)

学生・当日要学生証
ペア割引・前売のみ

チケット発売窓口

プロジェクトKUTO-10 kuto_10_produce@yahoo.co.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて受付

公演日程

2017年3月16日(木) 〜 3月19日(日)

上演時間 約1時間15分

2017年3月

12 13 14 15 16
  • 19:30
  •  
  •  
17
  • 19:30
  •  
  •  
18
  • 14:00
  • 18:00
  •  
19
  • 14:00
  •  
  •  
20 21 22 23 24 25

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=42501

トラックバック一覧