東京演劇集団風『Voices In The Dark』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京演劇集団風

東京演劇集団風・カーラバ集団共同制作による

『Voices In The Dark』分解された劇場あるいは人間ゴミ箱

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年2月8日(水)〜2月12日(日)
会場 レパートリーシアターKAZE
〒164-0003 東京都東京都中野区東中野1-2-4
PR・解説 作家マテイ・ヴィスニユックが独白と対話のために仕掛けたモノローグ片。
小さな窓に現われるのは、手のひらよりも小さなマスクやパペットたち。
  彼らは闇の中で語りだす―
本作品は2009年にレバノンで初演後、世界各国で150回以上の上演を重ねてきたカーラバ集団の代表的レパートリーです。
今回、新たに風と共同制作し、本邦初上演。これまで3作品を通じて協働を深めてきた江原早哉香が共同演出し、劇場に生まれる新たな〈対話〉を願い、8つのモノローグに向かいます。
ストーリー ―好奇心と困惑を抱えつつ、社会の狂気に麻痺状態となった人間たち。
 それは、
  戦争の後、おびただしく散乱する死体を回収する、完璧な自動運転機械の修理工。
  “至高の幸福のため”に義務化された、無料サービスの洗脳を推奨する洗脳官。
  ひとりきりの安全を確保するために発明され、普及した“輪っか”と、                その中で防御態勢のまま動けなくなった人々。
作家は鋭い叫び声のように残酷でありながら、詩的な言語をもって、近所の人、あるいは通勤途中でいつも見かける“あの人”のことだと勘違いしかねない多様な人間たちの姿を提示します。
そしてエリック・ドゥニオーは、拳ほどの大きさのマスクやパペットに命を吹き込み、そのコミカルでグロテスクな人物たちを生き生きと描き出します。
スタッフ 作:マテイ・ヴィスニユック  翻訳:谷島貫太
構成・演出:エリック・ドゥニオー/江原早哉香
人形美術・舞台美術:エリック・ドゥニオー
演出助手・照明・音響:オーレリアン・ズキ
照明オペレータ:坂野貢也 音響オペレータ:渡辺雄亮 舞台監督:佐田剛久
企画制作:カーラバ集団 Le Collectif Kahraba/東京演劇集団風
芸術監督:浅野佳成
キャスト 出演・人形操作:エリック・ドゥニオーÉric Deniaud
声の出演:東京演劇集団風
お問い合わせ 東京演劇集団風
03-3363-3261
info@kaze-net.org
東京演劇集団風

チケット発売日

2017年1月6日(金)

入場料金

当日4,000円/前売3,800円/学生3,300円(税込)

チケット発売窓口

東京演劇集団風 03-3363-3261

チケット販売サイトへ

当日券情報 残席がある場合には、開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2017年2月8日(水) 〜 2月12日(日)

上演時間 約1時間

2017年2月

5 6 7 8
  • 19:00
  •  
  •  
9
  • 19:00
  •  
  •  
10
  • 19:00
  •  
  •  
11
  • 14:00★
  •  
  •  
12
  • 14:00★
  •  
  •  
13 14 15 16 17 18
★アフタートークとパペットを用いたワークショップを開催します

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=42559

トラックバック一覧