てんこもり堂『冬が来る』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

てんこもり堂

てんこもり堂第10回公演

『冬が来る』Winter will come  〜If winter comes, can spring be far behind ?〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

アフタートークを開催予定。

公演データ

公演期間 2017年2月24日(金)〜2月26日(日)
会場 アトリエ劇研
〒606-0856 京都府京都市左京区下鴨塚本町1
PR・解説 てんこもり堂結成10周年にして、第10回公演。
4年ぶりのアトリエ劇研での公演は、春夏秋冬シリーズの第3弾!
2011年4月こどもと大人の美術造形展の中で絵を描く女の姿を描写した『春』、
2013年7月W・シェイクスピア原作『夏の夜の夢』をてんこもり堂流にアレンジして上演した『真、夏の夜の夢』に続く、本作品は冬の物語。
ストーリー 秋から冬の季節の変わり目は、何故か淋しい気持ちになる。
晩秋になり、遠く見える山々はすっかり紅葉色に染まっている。
三カ月に一度、この地区公民館を利用している人たちによる調整会がある。欠席や遅刻する人もいるなか調整会は和やかに始まり、来春から利用するための部屋の割り振りはいつになく順調に進んでいった。会も終わりにさしかかったとき、利用者の一人が唐突にクリスマス会をしようと提案するが……。
迷える12 人のある場所にまつわる記憶と未来のお話。
スタッフ 作・演出:ふじもとたかし 舞台監督・美術:酒井周太(TSC productions) 照明プラン:吉津果美 照明操作:竹内桃子 音響:島崎健史(ドキドキぼーいず) 美術協力:青山莉緒  宣伝美術:金乃梨子  制作:渡邉裕史 金乃梨子
協力:ソノノチ 劇団しようよ 劇団水曜の家族 大人の演劇部 虹色結社
企画・製作・主催:てんこもり堂
アトリエ劇研提携公演
京都芸術センター制作支援事業
平成28 年度京都府文化力チャレンジ事業
キャスト 冨田春菜 小笠香澄 金乃梨子 ふじもとたかし 藤原美保 藤村弘二 松田裕一郎 アンドレNOZ 植森阿津子 香山慎太 坪田卓巳 西木達夫
お問い合わせ てんこもり堂(きん)
090-9701-9962
tenkomoridou@yahoo.co.jp
てんこもり堂ブログ
公演情報や稽古風景を随時更新中〜

チケット発売日

2016年12月17日(土)

入場料金

一般前売2,000円/学生前売1,500円/高校生以下1,200円/ペア3,600円(全席自由・税込)

当日券は500円増

チケット発売窓口

てんこもり堂WEB予約 090-9701-9962

チケット販売サイトへ

京都芸術センター窓口(10:00〜20:00/無休) 075-213-1000
京都芸術センター 
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
http://www.kac.or.jp/access/

公演日程

2017年2月24日(金) 〜 2月26日(日)

上演時間 約90分を予定

2017年2月

19 20 21 22 23 24
  • 19:15☆
  •  
  •  
25
  • 15:00
  • 19:15★
  •  
26
  • 15:00
  •  
  •  
27 28        
☆★は終演後アフターイベントを開催します。
☆2/24(金)19:15の回終演後 、
ゲストと演出・ふじもとたかしのアフタートーク
ゲスト:中谷和代(ソノノチ/演出家・劇作家)

★2/25(土)19:15の回終演後、
てんこもり堂メンバー(ふじもと・金・冨田・小笠)の座談会
→てんこもり堂のあれこれ、10年を振り返って


情報登録:てんこもり堂

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=42610

トラックバック一覧