鎌倉能舞台『能を知る会 東京公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『能を知る会 東京公演』能と歌舞伎「鳴神と一角仙人」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年6月18日(日)
会場 国立能楽堂
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1
PR・解説 歌舞伎十八番の一つ「鳴神(なるかみ)」の原曲「一角仙人(いっかくせんにん)」を上演いたします。  龍神を岩屋に閉じ込め雨を降らせなくした仙人に美女を送り込み、酒に酔わせて龍神を解き放ちて雨を降らせる物語。 人間国宝、野村万作師による狂言「船渡聟(ふなわたしむこ)」や仕舞も全て「酒」をキーワードの番組です。 アナウンサー葛西聖司氏による「酒の功罪」のお話と供にお楽しみ下さい。
ストーリー 能「一角仙人(いっかくせんにん)」あらすじ
:仙術を使って龍神を岩屋に封じ込めた額に角のある仙人。雨が降らなくなって困った国王は美女と酒を送り込む。 酔って仙力を失った仙人を、封を破った龍神が打倒し、大雨を降らせつつ竜宮へ帰っていく。
歌舞伎十八番「鳴神」の原典で、能には珍しいスペクタクルで面白い大曲です。
演者のひとこと
:歌舞伎の鳴神の原曲で美人の色香と酒に我を失い、仙力が落ちたところを龍神に攻められ敗れ去る仙人の役を勤めます。
酒好きの女好きな仙人なので、楽の舞の中でツレの夫人と同時に舞いながら所々でちょっかいを出しにすり寄っていく所などを上品に?面白く演じたいと思います。
スタッフ 講演:能と歌舞伎「鳴神と一角仙人」〜酒の功罪〜
仕舞:「松虫(まつむし)クセ」観世喜之、「大瓶猩々(たいへいしょうじょう)」観世喜正
狂言:「舟渡聟(ふなわたしむこ)」野村万作 他
能 :「一角仙人」中森貫太 他
キャスト 講演:葛西聖司      
狂言方:野村万作、高野和憲、内藤 連、飯田 豪 他       
シテ方:中森貫太、観世喜之、観世喜正、小玉三郎、弘田裕一、駒瀬直也、中所宜夫、奥川恒治、遠藤喜久、鈴木啓吾、永島 充、佐久間二郎、小島英明、坂真太郎、中森健之介      
ワキ方:森 常好、舘田善博、森常太郎       
笛方:一噌隆之、大鼓方:亀井広忠、小鼓方:鵜澤洋太郎、太鼓方:観世元伯   
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467225557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台

チケット発売日

2017年2月12日(日)

入場料金

指定席9,000円/自由席6,000円(税込)

プラス1000円にて自由席の方でも座席のご指定ができます。
お席のシステムはこちらをご参照ください↓
http://www.nohbutai.com/ticket/
座席指定ご希望の方は鎌倉能舞台事務所宛お電話ください。

チケット発売窓口

鎌倉能舞台

チケット販売サイトへ

国立能楽堂 0334231331
e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2017年6月18日(日)

2017年6月

18
  • 14:00
  •  
  •  
19 20 21 22 23 24

情報登録:鎌倉能舞台

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=42823

トラックバック一覧