しゅうくりー夢『大正探偵怪奇譚 〜第壱夜〜 鬼子』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

しゅうくりー夢

『大正探偵怪奇譚 〜第壱夜〜 鬼子』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年8月25日(金)〜8月29日(火)
会場 シアターVアカサカ
〒107-0052 東京都港区赤坂2-16-9
PR・解説 平安時代の秋葉庄を舞台に、夜叉丸(横井伸明)、地獄丸(島田朋尚)の兄弟鬼が、舞台狭しと暴れます!
鬼達の母・茨木は、座長:松田環。
今回の話題は初参加のキャストの多さ・なんと総勢9名と、お馴染み客演の原田治。
立ち回りも、みどころの一つです。
大好評の内に幕を閉じた前作の怪奇探偵・丑三進ノ助(横井)と、帝国陸軍・紅蜘蛛少佐(島田)の因縁を描く過去編。
これがあっての第弐夜!第参夜!
観ないと、来春後悔しますよぉ…
ストーリー 時は平安・・・武蔵野国は秋葉庄の奥深い山に、三匹の鬼が棲んでいた・・・
兄を「夜叉丸」、弟を「地獄丸」、そして二匹の母を「茨木」と言う・・・
三匹は、非道の限りを尽くし、里に住む人間たちの暮らしを脅かしていた。
ある日、帝の命を受けた一人の男が、鬼退治にやって来た、
死闘の末、瀕死の傷を負う夜叉丸。
里に堕ちた夜叉丸を救ったのは、「椿」という、里の娘だった。
美しくも、たくましく生きる椿に魅かれていく夜叉丸。
気さくな里の人間たち。
夜叉丸の中のなにかが変わっていった時、茨木と地獄丸の魔の手が、ひそかに忍び寄っていた・・・

大好評の内に幕を下ろした「大正探偵怪奇譚」の過去編を綴る、シリーズ第二弾!
人と物の怪の共棲のために奔走する、大正を生きる怪奇探偵
「丑三進ノ介」の真実の姿が、今、ここに・・・
スタッフ 作・演出=松田 環/照明=磯野 眞也/照明=榊 美香 /音響=小笠原 康雅(OFFICE my on)/音響=山下 菜美子(OFFICE my on)/舞台監督=大河原 敦(フラットステージ)/舞台写真=岡元 信一/宣伝美術=加藤タカGEN’S WORKSHOP ほか
キャスト 横井 伸明/島田 朋尚/松田 環/阿部 みゆき/宮田 彩子/家入 賢仁/ありが 薫/山本 育子/市来 光弘/藤波 瞬平/矢崎 大貴/米花 隆弘/藤田 久雄/大瀬良 あゆみ/依田 愛未/岩井 はるみ/原田 治
お問い合わせ しゅうくりー夢
03-3466-2442
chou@o-ren.com
デジタルしゅうくりー夢

入場料金

一般4,200円/一般・前売4,000円/学生3,200円/学生・前売3,000円(税込)

学生の方は、当日受付にて学生証をご提示ください。

チケット発売窓口

しゅうくりー夢 03-3466-2442

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:370-534

公演日程

2006年8月25日(金) 〜 8月29日(火)

上演時間 約2時間

2006年8月

20 21 22 23 24 25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 14:00
  • 18:00
  •  
27
  • 14:00
  • 18:00
  •  
28
  • 19:00
  •  
  •  
29
  • 14:00
  •  
  •  
30 31    

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4298

トラックバック一覧