東映ビデオ『野良女』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東映ビデオ

『野良女』

  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000003-pia-ent
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000005-pia-ent
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00008437-cinranet-ent
https://spice.eplus.jp/articles/104506

公演データ

公演期間 2017年4月5日(水)〜4月9日(日)
会場 シアターサンモール
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10 サンモールクレストB1
PR・解説 結婚?仕事?なんの為に生きている?と常に悩みがつきず、何事をするにも現実が重くのしかかってくる年齢を迎えたアラサー独身女子。行きつけの小汚い居酒屋で泡盛を飲みながら続けられるガールズトーク。愚痴を言ったり自暴自棄な発言をしながらも、心底にあるのは「幸せになるまで死ねません!」ということ。そんなあがき続ける5人の女性たちの日常と葛藤を描いた大人気小説「野良女」が、2017年4月ついに舞台化される!

原作は、今をときめく女流作家・宮木あや子による同名小説。
宮木は2006年、第5回R-18文学賞大賞と読者賞を受賞してデビュー。
2014年に映画化し話題を呼んだ『花宵道中』、2016年秋にドラマ化し高視聴率を叩き出した『校閲ガール』など宮木作品のメディアミックスからは数々のヒット作が誕生。宮木作品から初めて舞台化されるのが本作の「野良女」だ!
原作に感銘を受けた5人のアラサー美人女優たちが「野良女」に挑む。
恥じらいを捨てたアラサー女子たちのホンネに・・・・・・
あなたは共感する? 女性の心理を学ぶ? それとも耳を塞ぎたくなる…?
ストーリー 50代の社長とアメリカンクラブで出会った外国人と二股をかけ、お金持ちが好きな朝日。しかし、合コンに出会った無骨な年下の職人に夢中になってしまう。そこに、厳しく自己を見つめ直す起因となる事を知らずに・・・。

 壺井は転職活動がうまくいかない。海外で働きたいという野望もありながら、祖母の紹介で見合いをする事になる。しかし、うまくいかず・・・。次なる目標が定まらない。占いに行く事を決める。

 桶川の彼氏はDVがとまらない。横山は桶川のアザを見て、それは幸せなのかと問い詰めるが、馬耳東風そのもの。それでも、桶川には桶川なりの譲れないプライドがあるようだ。

 横山は不倫関係に悩み続ける。不倫相手の嫁から電話がかかってきて、自己が追い込み始めた。仲間たちは横山の窮地を察して不倫関係の解消を説得するが、横山は「この先、わたしのことを誰か好きになってくれる人がいると思う?」とざめざめと泣きだし、皆は言葉を失った。

 鑓水は、鈴木との関係が深まり始めた。しかし、体調に変化があり・・・

 闘い続け、もがき続け、とにかく一生懸命であり続ける5人。その宿命はいずこに・・・?
スタッフ 演出の稲葉賀恵は現在30歳。1937年に設立された演劇界の老舗「文学座」に所属する気鋭の若手女性演出家。
脚本のオノマリコは33歳。「趣向」主宰。『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』で第61回岸田國士戯曲賞の最終選考にノミネートされている。稲葉とオノマは2015年に、ともにシアタートラム ネクスト・ジェネレーションvol.7に選出されオノマ脚本、稲葉演出で『解体されゆくアントニンレーモンド建築 旧体育館の話』上演している。
そして音楽は昨年サンシャイン劇場への進出を果たし、今最も勢いのある劇団の一つ「劇団鹿殺し」に所属する オレノグラフィティを迎えている。
宮木あや子の原作に共感した様々な分野で活躍するクリエイターが一堂に会し、1つの舞台を作り上げる!
キャスト 佐津川愛美
映画『蟬しぐれ』(2005)、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(2007)でブルーリボン賞助演女優賞にノミネート。その後、数多の映画やドラマに出演し、実力派女優として知られる。最近では舞台『娼年』・また映画『ヒメアノ〜ル』で過激な官能シーンを演じ、高い評価を確立した。

芹那
つかこうへい七回忌追悼特別公演『リング・リング・リング2016』への出演などでバラエティアイドルだけでなく本格的な女優へと活躍の場を広げた。

沢井美優
実写版「セーラームーン」で主演月野うさぎ役でデビュー。その後、女優・声優・グラビアなど幅広い活躍を続ける。

深谷美歩
新国立演劇研究所卒業生。2012年「ハムレット」など蜷川幸雄作品に数多くお呼びがかかり、また「頭痛 肩こり 樋口一葉」など栗山民也作品にもも出演するなど本格派舞台女優。

菊地美香
『特捜戦隊デカレンジャー』のピンク役で特撮ヒロインとしてブレイク。『レ・ミゼラブル』や『Endless SHOCK』出演などミュージカルをはじめ、沢山の舞台でも精力的な活躍を続けている。
お問い合わせ 東映ビデオカスタマーセンター
0120-1081-46
noraonnastage@gmail.com
公式ホームページ

チケット発売日

2017年3月5日(日)

入場料金

6,900円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

e+(イープラス) ・ファミリーマート店内Famiポート

チケット販売サイトへ

チケットぴあ 0570-02-9999
電話は24時間・音声自動応答 
Pコード:456-599)
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

チケット販売サイトへ

ローソンチケット 0570-084-003
Lコード:34043
ローソン、ミニストップ店内Loppi

チケット販売サイトへ

カンフェティ 0120-240-540

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2017年4月5日(水) 〜 4月9日(日)

上演時間 2時間

2017年4月

2 3 4 5
  •  
  •  
  •  
  • 19:00◎
6
  •  
  • 14:00◎
  •  
  • 19:00○
7
  •  
  •  
  •  
  • 19:00◎
8
  •  
  • 14:00○
  •  
  • 19:00○
9
  • 12:00○
  •  
  • 17:00○
10 11 12 13 14 15

情報登録:東映ビデオ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43061

トラックバック一覧