水族館劇場『この丗のような夢・全』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

水族館劇場

『この丗のような夢・全』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年4月14日(金)〜4月23日(日)
会場 花園神社 境内特設野外舞台「黒翁のまぼろし」
〒160-0021 東京都新宿区新宿5-17-3
PR・解説 野戦攻城、都にふたたび!
林立する墓標のような高層ビルの後戸に芸能の宿神が舞いおりる。
いまだかつてない驚天動地の野外スペクタクル顕現!!
ストーリー 遠い遠いはるかな昔。街道宿の蚕の森に斃れた獣を屠る馬殺しの井戸があった。そこはかつて龍が棲んだという伝承を持つ涸れはてた池の水源であり天変地異がおこるまえぶれに血のような赤い水が湧き出たという。
季節は移り宿場はあたらしい盛り場となりさまざまな人間模様が交錯する世界一のターミナルと巨大化してゆく。忘れられた追憶といまを生き抜く現実の深層。相反する真理を風刺に織込み舞台を拵える一座の物語が喝采をあつめる。
複葉機が天空をかけめぐるような時代。龍を水底に鎮めるための祠も朽ちて跡形もなく消えていった。大震災によって劇場をうしなった舞台女優は恋人であり、パトロンだった新しい宿の大地主を追いかけてシベリヤへと政治的亡命をはたす。亡命時代にパリのパノラマ館で出逢った少女は憧れの女優へブロマイドをさしだした。裏には助けての文字。囚われの糸姫だった少女を助けられなかった悔恨が若き日の自分への郷愁とともによみがえる。阿片によって老いの苦悩とたたかいつづけていた女優は次第に幻影に追いつめられてゆく。やがて次の戦争が全世界を覆い尽くし街を廃墟にしていった。それでも人間は生きてゆくことをあきらめない。
闇市からふたたび盛り場がつくられて旅回りの役者たちも焼け跡の劇場「赤い風車の舘」へと流れてきた。戦後のどさくさにまぎれて大陸から密かに引き揚げてきた老女優の一座だった。追憶の恋人の嫡男も狂った飛行機乗りになって復員してきた。喝采から遠ざかりつつある女優は鏡のなかにひとりの少女の面影をみる。数奇な運命にもてあそばれた死者の影がつむぐ糸をたどる夢幻申楽。サーカス芝居の出し物がいつしか現実と重なりあってゆく。かつてあった劇場。かつてあった物語。「赤い風車の舘」は石の棺のような火山局となっていかがわしい技師たちがあらわれる。夜空の星々も火花する。そしてこの世のどこかで誰かがみたような夢がたちのぼる。かつての劇場のなかの架空の物語が現実の中で追憶となるメビウスゲーム。この舞台もまた終わりのない旅に疾んだ現代河原者が見物衆にさしだすひとときの目眩しにすぎない。
スタッフ 千代次
山本紗由
増田千珠
松林彩
石井理加
竹田舞
南海里
臼井星絢
七ッ森左門
秋浜立
高橋明歩
伊藤裕作
羽鳥和芳
一色凉太
二見健太
山中秀太郎
淺野雅英
津田三朗(ときどき出演)
風兄宇内
キャスト 制作 中原蒼二・伊藤裕作・森田康史
照明 西之一舟・松林彩  
美術 淺野雅英・高橋明歩 
音楽 山本紗由・高橋恭子・鈴木都
音響 下野司
舞台 山中秀一・平岡希樹・山際一輝
大道具 原口勇希・秋浜立 
小道具 石井理加・熊谷憲之
車輌  臼井信一・田邊茂男
衣裳  千代次
化粧  増田千珠・竹田舞
木戸  森田郁子・川上敦子・山崎香世   
衛生  渡邊紀子・清藤真理子
記録映像 DJ.YOU・KUMA 
舞台監督 片岡一英
特殊造形 津田三朗
劇場設計 桃山邑   
宣伝美術 近藤ちはる
企画製作 Koola Lobitos
お問い合わせ 水族館劇場
080-6412-4897 / 080-6565-5288
info@suizokukangekijou.com
水族館劇場

チケット発売日

2017年3月6日(月)

入場料金

前売り券4,000円/電話予約4,300円/当日券4,500円(全席自由・税込)

当日券は観劇当日午後5 時より劇場窓口で発売。
公演はすべて期日指定の自由席です。当日券も若干ご用意しますが、入場制限する場合もございます。確実な前売券をお奨めいたします。

前売り券は劇団web サイトsuizokukangekijou.com と下記販売所より購入できます。
前売券販売所
古書ほうろう 東京都文京区千駄木3-25-5 (03-3824-3388)
古書信天翁  東京都荒川区西日暮里3-14-13コニシビル202  (03-6479-6479)
古本遊戯 流浪堂 東京都目黒区鷹番3-6-9 鷹番サニーハイツ103  (03-3792-3082)
高品質珈琲と名曲 私の隠れ家 東京都新宿区荒木町6ルミエール四谷2F (090-5783-4680瓜生)
橋倉ビーンズ珈琲店 東京都世田谷区代沢4-7-1(03-3487-0549)
古書サンカクヤマ 東京都杉並区高円寺北3-44-24(03-5364-9892)
ヒグラシ文庫 神奈川県鎌倉市小町2-11-11 大谷ビル2 F(080-2561-7419)

チケット発売窓口

当日券情報 当日券は観劇当日午後5 時より劇場窓口で発売。
公演はすべて期日指定の自由席です。当日券も若干ご用意しますが、入場制限する場合もございます。確実な前売券をお奨めいたします。

公演日程

2017年4月14日(金) 〜 4月23日(日)

上演時間 約2時間

2017年4月

9 10 11 12 13 14
  • 19:00
  •  
  •  
15
  • 19:00
  •  
  •  
16
  • 19:00
  •  
  •  
17
  • 19:00
  •  
  •  
18
  • 19:00
  •  
  •  
19
  • 19:00
  •  
  •  
20
  • 19:00
  •  
  •  
21
  • 19:00
  •  
  •  
22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 19:00
  •  
  •  
24 25 26 27 28 29
全公演 夜7 時 劇場外顔見世(プロローグ)スタート  全席自由期日指定
入場整理券は全公演毎夕5 時から招待、前売、予約、当日の区別なく、お並び順に配付します。

情報登録:水族館劇場

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43141

トラックバック一覧