一般財団法人ちりゅう芸術創造協会『これはあなたのもの』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

一般財団法人ちりゅう芸術創造協会

地人会新社第7回公演

『これはあなたのもの』1943−ウクライナ

拡大画像を見る
表面|
裏面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年6月4日(日)
会場 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館) かきつばたホール
〒472-0026 愛知県知立市上重原町間瀬口116番地
PR・解説 ノーベル化学賞受賞者がおくる、もう一つのアンネの日記。

戦時下におけるウクライナ地域の混乱に否応なしに巻き込まれ深く傷ついた母子をとおして戦争という深い闇にそっと差し込む希望の光を舞台に描きます。
ストーリー 1981年に、ノーベル化学賞を福井謙一と共に受賞した、化学者・ロアルド・ホフマンの自伝的戯曲『これはあなたのもの』。
かつてはポーランドであった現在のウクライナに、ユダヤ系ポーランド人として生まれたホフマン氏は、第二次世界大戦中、ナチスによる迫害を逃れ、母とともにウクライナ人一家の屋根裏部屋にかくまわれていた。その実体験をもとに、過去から未来へと、彼が伝えたいものは……
戦後アメリカに渡り、内科医として成功をおさめたエミール(吉田栄作)は、妻・タマール(保坂知寿)、二人の子供(万里紗・田中菜生)、そして母・フリーダ(八千草薫)と暮らしている。フリーダは当時の記憶を打ち消すかのように、過去を語らない。
かくまってくれていたウクライナ人・オレスコ氏についても、時折複雑な思いを口にするだけ。そんなある日、オレスコ氏の娘・アーラ(かとうかず子)が尋ねてくる……
スタッフ 作:ロアルド・ホフマン
翻訳:川島慶子 
演出:鵜山 仁 
美術:乗峯雅寛 
照明:沢田祐二 
衣裳:伊藤早苗 
音響:泰 大介 
ヘアメイク:前田節子
演出助手:藤代修平 
舞台監督:小川 亘 
製作:渡辺江美
キャスト 八千草薫、吉田栄作、万里紗、田中菜生、保坂知寿、かとうかず子
お問い合わせ パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)
0566-83-8100
パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)

チケット発売日

2017年3月18日(土)

入場料金

一般4,500円/バルコニー席3,800円(全席指定・税込)

※未就学児入場不可
※車椅子席・親子室席のお取り扱いはパティオ池鯉鮒アートセンターのみとなります。

チケット発売窓口

パティオ池鯉鮒 0566-83-8102

チケット販売サイトへ

パティオ池鯉鮒WEB販売 ※詳細は会館ホームページの「チケットのWEB購入について」をご覧ください

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:457-671

チケット販売サイトへ

公演日程

2017年6月4日(日)

2017年6月

4
  • 14:00
  •  
  •  
5 6 7 8 9 10

情報登録:パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43143

トラックバック一覧