劇団民藝『送り火』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団民藝

劇団民藝公演

『送り火』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年4月14日(金)〜4月24日(月)
会場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
PR・解説 なくなってしまっても継がれるものはある。
わかれて生きはじめる物語――。

作者ナガイヒデミ氏は愛媛出身、京都在住の劇作家。『贈り物』『控室』『しーらかんす』等を発表し、なかでも『水の音』は「日本の劇」戯曲賞最優秀賞(2012年日本劇団協議会)を受賞しています。本作『送り火』で民藝初登場。みずみずしい作風にご期待ください。
ストーリー あらすじ
山あいの集落。中心を流れる谷川に沿って十数軒の家が並ぶ、その一番奥の家の中。八月十六日、お盆の最後の日の夕刻。
「七〇年もたった気がせんよ」。ここ数年、吉沢照は自分の身の振り方を考えてきた。身体的にも弱ってきているし、近くに親しい人はいるのだが他人の世話にはなりたくない。戦後、保育園の先生になった照は、子供たちに童話をよく読みきかせた。山あいに閉じこめられていた照はどこかよその国に行く夢をずうっとみていたのだろうか。
「アリスは不思議の国に。ハイジはアルプスの山を下りて町に。ウェンディはネバーランドに。ジョバンニは銀河鉄道の旅に」
……どっか遠くへ。ほじゃけどみーんな帰ってくる。
スタッフ 装置:勝野英雄
照明:前田照夫
衣裳:松本昌子
効果:岩田直行
舞台監督:深川絵美
キャスト 日色ともゑ 仙北谷和子 船坂博子
安田正利 塩田泰久
お問い合わせ 劇団民藝
044-987-7711
seisaku@gekidanmingei.co.jp
劇団民藝公式サイト

チケット発売日

2017年3月3日(金)

入場料金

一般6,300円/夜チケット4,200円/U253,150円(全席指定・税込)

U25(25歳以下)は劇団のみ取り扱い、要証明書
夜チケットは夜公演のみ全席

チケット発売窓口

劇団民藝 044-987-7711
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:456-666

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:34314
e+(イープラス)
eplus.jp
キノチケットカウンター

チケット販売サイトへ

当日券情報 各回とも開演の1時間前より劇場窓口にて販売。
割引情報 夜公演は夜チケット(6,300円→4,200円)
U25(25歳以下)は昼夜とも3,150円

公演日程

2017年4月14日(金) 〜 4月24日(月)

上演時間 約1時間45分

2017年4月

9 10 11 12 13 14
  •  
  • 18:30●
  •  
15
  • 13:30
  •  
  •  
16
  • 13:30◎
  •  
  •  
17
  • 13:30
  •  
  •  
18
  • 13:30
  •  
  •  
19
  •  
  • 18:30●
  •  
20
  • 13:30
  •  
  •  
21
  • 13:30
  •  
  •  
22
  • 13:30☆
  •  
  •  
23
  • 13:30
  •  
  •  
24
  • 13:30
  •  
  •  
25 26 27 28 29
開場は開演の30分前、チケット受付は1時間前からです。
●夜の部は夜チケット(6,300円→4,200円、全席)
◎16日(日)終演後、出演者との交流会を開催します。
★22日(土)終演後、バックステージツアーを開催します。
いずれも参加無料、どなたでもご参加頂けます。
土日に限り無料託児所をご用意しております。ご利用の際には事前に劇団までご連絡ください。

情報登録:劇団民藝

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43192

トラックバック一覧