無名劇団『應典院舞台芸術大祭space×drama○ 無名稿 出家とその弟子』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

無名劇団

日本近代文学×ロック!女だらけの激情エンターテイメント!

『應典院舞台芸術大祭space×drama○ 無名稿 出家とその弟子』原作 倉田百三「出家とその弟子」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年5月12日(金)〜5月14日(日)
会場 シアトリカル應典院
〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目1-27
PR・解説 space×drama2015 で優秀劇団に選出された『無名稿 あまがさ』に続き 3 年連続スペドラ出場! 無名劇団が近代文学を解釈し再構築する作品群「無名稿」シリーズ第三段は、文学×ロックな激情エンターテイメント!
ストーリー 若い僧侶は遊女を愛した 。 男は親戚の妻を愛した。父は勘当した息子を愛していた。愛すれば愛するほどに、
周囲の平和は乱れ、己の身は朽ちてゆく。「人は皆、固より修羅よ。生まれ落ちた時からー。」
「信心」とは何か。「本心」とは何か。「愛」とは、何か。ああ、平和。もっとも遠い、最も内の、平和―。


倉田百三『出家とその弟子』
大正時代から昭和時代初期の劇作家・評論家。はじめ、哲学者・西田幾多郎の影響を受けるが、長い闘病生活のなかで宗教的な
人生観をもつようになり,文学に関心を向けた。代表作『出家とその弟子』は 1917(大正 6)年作。6 幕。浄土真宗の開祖親鸞とその弟子唯円を中心に、信仰の苦悩と救いを描く。各国語に翻訳され、特にフランスの作家ロマン・ロランに激賞された宗教劇の傑作。
キャスト 島原夏海、柊美月、中谷有希、今井桃子、東田萌希、太田雄介、泉侃生(以上、劇団員)、笹川未希(満月動物園)、黒木保子、紫月璃奈(crushrurh)、中村美樹
お問い合わせ 無名劇団制作山本
06-6857-1362
mumeigekidan@kud.biglobe.ne.jp

チケット発売日

2017年3月21日(火)

入場料金

一般前売り2,800円/大学生前売り1,500円/高校生以下0円(全席自由・税込)

高校生以下については要予約

チケット発売窓口

無名劇団 06-6857-1362

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:458-058

チケット販売サイトへ

公演日程

2017年5月12日(金) 〜 5月14日(日)

2017年5月

7 8 9 10 11 12
  • 19:30
  •  
  •  
13
  • 14:00
  • 19:00
  •  
14
  • 11:00
  • 15:00
  •  
15 16 17 18 19 20

情報登録:無名劇団

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43409

トラックバック一覧