えずこホール『きらめく星座』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

えずこホール

こまつ座

『きらめく星座』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年11月30日(木)
会場 えずこホール
〒989-1267 宮城県柴田郡大河原町字小島1-1
PR・解説 井上ひさしの日本語音楽劇の記念碑的作品であり代表的傑作。
太平洋戦争前夜、東京浅草のレコード店を舞台に、激動の時代を懸命に、
そして活き活きと生きた一家の物語。

『きらめく星座』は、こまつ座旗揚げ翌年の1985年、井上ひさし自身の演出によって初演されました「昭和庶民伝三部作」の第一作目である今作は、太平洋戦争前夜の昭和16年12月7日までの約1 年間を描いた作品です。軍靴の音が鳴る中、ジャズなどの音楽を聞かせる東京・浅草のレコード店を舞台にして、戦争の愚かしさが痛切に浮かび上がります。激動の時代を懸命に、そして活き活きと生きた一家の物語です。井上ひさし得意の音楽劇の代表的傑作として、劇中ではピアノの生演奏にのせて、「青空」「一杯のコーヒーから」など昭和初期の流行歌の軽快なメロディーが舞台を弾ませます。
ストーリー 昭和15 年の浅草。小さなレコード店に、四人の家族と、二人の間借り人が仲良く暮らしていた。しかし、この平和なオデオン堂に、大事件が起こる陸軍に入隊していた長男の正一が、脱走したというの。「敵前逃亡」は重罰。すぐさま追手がかかって、憲兵伍長「蝮の権藤」がオデオン堂に乗り込んできた。さらにもう一人、堅物の愛国主義者が家族に加わる。長女みさをが、「ハガキの束から選んだ」夫、源次郎。この家の住人たちの、ジャズがかった音楽好きが、傷痍軍人の源次郎にはどうしても許しがたい。こうして、オデオン堂には、ときならぬ大嵐が吹き荒れることとなる。
スタッフ 作:井上ひさし
演出:栗山民也
キャスト 秋山菜津子、山西惇、久保酎吉、田代万里生、深谷美歩、木村靖司、後藤浩明、木場勝己 ほか
お問い合わせ えずこホール(仙南芸術文化センター)
0224-52-3004
info@ezuko.com
えずこホール

チケット発売日

2017年8月26日(土)

入場料金

一般3,000円/U-241,500円(全席指定・税込)

※当日は各500円増し
※4歳未満入場不可
※「U-24」は、4歳以上24歳以下が対象のチケット。
  当日、身分証明書などのご提示をお願いする場合がございます。

チケット発売窓口

えずこホール 0224-52-3004
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:458-148
ローソンチケット
l-tike.com
Lコード:22643

公演日程

2017年11月30日(木)

2017年11月

26 27 28 29 30
  • 19:00
  •  
  •  
   

情報登録:えずこホール(仙南芸術文化センター)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43415

トラックバック一覧