童司カンパニー / (一社)アーツシード京都『マリコウジ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

童司カンパニー / (一社)アーツシード京都

新作“純”狂言集

『マリコウジ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年8月25日(金)
会場 セルリアンタワー能楽堂
〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 地下2階
PR・解説 100年後の未来には古典と呼ばれることを目指した新作狂言の初演の会。

現在茂山千五郎家に受け継がれている演目は約200曲。これに新しいレパートリーを加えることを目的とし茂山童司が作、演出をする。

100年後古典となった時、未来の人々の目にどう映るのか。
将来、古典狂言の太い幹の一部となるよう今年も笑いの種蒔きを始める。
歴史的初演を見逃すな。
これが、2100年の古典だ。


新作狂言「焚き火」
 旅の途中盗賊に襲われて無一文になってしまった不幸な男。山道で行き暮れて焚き火をしていると、なんと焚き火の神様が現れる。神様は哀れな男に同情し願いを叶えてやると言いますが・・・。舌切り雀、マッチ売りの少女、アラジンの魔法のランプなど、色々な昔物語を狂言の世界に取り込んだ童話的狂言。

新作狂言「道行かず」
 都へ年貢を納めるため田舎を旅立ったお百姓が途中で同じようなお百姓と道連れになった。二人とも都を目指しているのですがどうしてもたどり着けない。次第に自分がいる場所がわからなくなり、ついには自分の素性さえも怪しくなってくる。「道行」と呼ばれる舞台を回ることで場面転換をするというルールを逆手にとって舞台上を混乱に陥れる不条理な喜劇作品。
ストーリー 新作狂言「焚き火」(作・演出 茂山童司)
新作狂言「道行かず」 (作・演出 茂山童司)
古典狂言「宗論」
アフタートーク(ゲスト未定)
スタッフ 作・演出 茂山童司
キャスト 茂山千五郎、茂山千三郎、茂山茂、茂山逸平、茂山あきら、丸石やすし、島田洋海、茂山童司
お問い合わせ 童司カンパニー
075-751-9046
info@dojicompany.jp
マリコウジ特設WEB
平日10-18時

チケット発売日

2017年6月18日(日)

入場料金

4,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

童司カンパニー 075-751-9046
6/18 10:00〜 WEB販売
6/19 10:00〜 電話販売

チケット販売サイトへ

当日券情報 お問い合わせください。

公演日程

2017年8月25日(金)

上演時間 休憩含め2時間程度を予定

2017年8月

20 21 22 23 24 25
  • 19:30◎
  •  
  •  
26
開場19:00 開演19:30
8/26京都公演あり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43492

トラックバック一覧