Noism『Noism1「Liebestod−愛の死」「Painted Desert」埼玉公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Noism

『Noism1「Liebestod−愛の死」「Painted Desert」埼玉公演』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年6月2日(金)〜6月4日(日)
会場 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
〒338-8506 埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1
PR・解説 日本で唯一の劇場専属舞踊団・Noism(ノイズム)最新公演は、
Noismを牽引する金森穣渾身の最新作×Noism2専属振付家・山田勇気の代表作の2本立て!
ストーリー 【Liebestod−愛の死】
なぜこれほどまでにこの曲が、魂を揺さぶるのか―。金森穣の最新作は、18歳から自らを魅了し続けてきたワーグナー作曲の《愛の死》を用い、25年の歳月を経て解き放つ渾身の一作!
「歓喜の女」と「末期の男」、それぞれの"生”と“死”を背負った2人が描く究極の愛のデュエット。Noism初となるデュオ作品に出演するのは、カンパニーを代表する舞踊家で副芸術監督の井関佐和子と、Noism1の吉崎裕哉。衣裳にはISSEY MIYAKEの宮前義之を迎える。
「舞踊とは何か」金森が、振付家としての原点に立ち返り、自らの魂に改めて問いかける。

【Painted Desert】
Noism2専属振付家兼リハーサル監督として、精力的に作品を発表し続ける山田勇気。2014年にNoism2と共に創作した『Painted Desert』は、繊細でありながらも決してブレることのない世界観を持ち、芸術監督の金森穣が数ある山田作品の中でも群を抜いてすぐれた一作、と認める山田の代表作である。「優れた作品と出会うことで、舞踊家達が未だ見ぬ自らの新しい可能性を発見し、表現してほしい」そんな芸術監督の期待を込めて、Noism1の舞踊家8名が挑む。
記憶、夢、時間が入り混じる純白の舞台空間で、舞踊家達はどのような「色」を見出し、舞台を彩るのか。それぞれの真価が試されるレパートリー上演に、乞うご期待!
お問い合わせ りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 事業企画部
025-224-7000
Noism オフィシャルウェブサイト

チケット発売日

2017年3月26日(日)

入場料金

一般5,500円/U253,500円(全席指定・税込)

※U25チケットは彩の国さいたま芸術劇場のみ取扱い。枚数制限あり。
※U25(25 歳以下)は入場時に身分証をご提示ください。
※開演時間を過ぎますとしばらくの間ご入場いただけない場合や、ご自席に着席いただけない場合がございます。予めご承知ください。
※託児サービスはございません。
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。

チケット発売窓口

彩の国さいたま芸術劇場チケットセンター 0570-064-939
10:00-19:00、休館日除く。

チケット販売サイトへ

埼玉会館 窓口のみ。10:00-19:00、休館日除く。
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル 025-224-5521
11:00-19:00、休館日除く。

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2017年6月2日(金) 〜 6月4日(日)

上演時間 約1時間20分

2017年6月

        1 2
  • 19:00◎
  •  
  •  
3
  • 17:00◎
  •  
  •  
4
  • 15:00◎
  •  
  •  
5 6 7 8 9 10

情報登録:Noism

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43630

トラックバック一覧