劇団芝居屋『33』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団芝居屋

劇団芝居屋第十一回公演

『33』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

劇場内の暗闇にあなたの心で穴を穿ちこの人生を覗いて下さい。

公演データ

公演期間 2006年10月17日(火)〜10月22日(日)
会場 ウッディシアター中目黒
〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-43-5 キャトルセゾンB1
PR・解説 【劇場内の暗闇にあなたの心で穴を穿ち、この人生を覗いてください】
私達劇団芝居屋は、「覗かれる人生」芝居の確立を標榜し、本来演劇は見世物(現実世界の虚構的再構築)である、という原点に立ち帰り、観客の皆さんに面白く判りやすい舞台を提供することを目指し設立された劇団です。わたし達劇団芝居屋は演劇の役目を事柄や出来事を表す事ではなく、あくまでもそこに生きる人間を表現することにあると考えます。私達劇団芝居屋は判りやすさを追求します。その追求の先にこそ、新たなる表現の鉱脈があることを信じて。私達はからかいや侮りを恐れぬ演劇表現の専門の者、劇団芝居屋です。・・・劇団芝居屋
ストーリー ある日、一人の男が55歳の生涯を閉じた。彼の名は田中誠吉。東京郊外の下町で居酒屋を営み、長嶋茂雄をこよなく愛し、常連客でチームを作り草野球の監督をやっていたバツ一の中年男。
店の名前は「33(さんじゅうさん)」。喪主は今村純子。別れた妻との間にできた一人娘。純子は両親の離婚に傷付き、生前の誠吉についに心を開かなかった。チームメイトは純子の心を開こうと生前の誠吉の思い出話に花を咲かせる。そこへ誠吉の知人だという藤村と名乗る謎の老人が現われる。他人から語られる肉親の見た事もない本当の姿、果たして純子の心の中に去来するものは何か、また老人の正体は。
スタッフ 演出=増田再起(劇団芝居屋)/舞台監督=清沢伸也/美術=八木橋貴之/照明=須賀知恵子/音楽・音響=渡辺禎史(ほか)
キャスト 永井利枝(劇団芝居屋)/増田恵美(劇団芝居屋)/家村幸成(劇団芝居屋)/石口北斗(劇団芝居屋)/今中奈穂子(劇団芝居屋)/中露理(劇団芝居屋)/増田再起(劇団芝居屋)/阿野伸八/浦出華代/三浦ノン/チェコ/齋藤政憲/遠藤 廣大(ほか)
お問い合わせ 劇団芝居屋事務所
03-3474-6647
shibaiya3masuda@peace.ocn.ne.jp
劇団芝居屋

チケット発売日

2006年9月1日(金)

入場料金

3,000円(全席自由・税込)

100席限定

チケット発売窓口

劇団芝居屋 03-3474-6647

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:784-505
演劇ポータルサイト<Confetti> 03-5772-1654
http://confetti-web.com

公演日程

2006年10月17日(火) 〜 10月22日(日)

上演時間 1時間45分

2006年10月

15 16 17
  •  
  •  
  • 19:00
18
  • 14:00
  •  
  • 19:00
19
  •  
  •  
  • 19:00
20
  •  
  •  
  • 19:00
21
  • 14:00
  •  
  • 19:00
22
  • 14:00
  • 18:00
  •  
23 24 25 26 27 28

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=4366

トラックバック一覧