プーク人形劇場『堀絢子ひとり芝居「朝ちゃん」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

プーク人形劇場

プーク人形劇場 2017平和企画

『堀絢子ひとり芝居「朝ちゃん」』〜原爆詩の朗読とともに〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年5月27日(土)〜5月28日(日)
会場 プーク人形劇場
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-3
PR・解説  原爆投下翌朝の広島を舞台にした、反戦ひとり芝居「朝ちゃん」。出演は忍者ハットリくんなどでおなじみの声優・堀絢子(ほりじゅんこ)さん。広島の原爆で実父を亡くされた堀絢子さんが、その魂の弔いと、平和への祈りをこめた迫真の演技で、戦争の非情と命の尊さを訴えかけます。
 1989年7月初演。以来、「反戦=半千」の願いをこめ、1000の半分の500回公演を目標に上演を続けられてきました。プーク人形劇場での公演は、2013年以来5年目になります。

*同時開催特別展*
【イラク・いのちの花〜がん・白血病と戦う子どもたち〜】
 劣化ウラン弾などの影響で、がんや白血病におかされる子どもたちの命を救うための医療支援を行っているNPO法人「JIM-NET」の協力を得て、がん・白血病と戦う子どもたちが描いた絵やポスターの展示を行います。―戦争がもたらすものは、破壊や悲しみでしかありません。その中で必死で咲き続けようとする、いのちの声に耳をかたむけて下さい。(協力:JIM-NET)

…1929年創立の人形劇団プークは、治安維持法による劇団員の投獄、強制解散による活動停止という、戦争時代の弾圧をくぐり抜けてきました。しかし今、戦前を思わせるような社会の動きが見える中で、あらためて非戦の声を上げ続けることが、私たちの使命でもある…その思いで、毎年「平和企画」に取り組んでいます。
ストーリー 舞台は原爆投下翌朝の広島。
焼け跡をさまよう少女秋子は、瓦礫の中で全身焼けただれた瀕死の朝子を見つけ出す‥‥。
「水が飲みたい‥ ‥!」
息絶えてゆく朝子、掻き抱く母、ただ見守る他なかった秋子‥‥。
―― 核兵器の非情を、命の尊さを、感じてください。
スタッフ 原作/山本真理子「広島の母たち」より(岩崎書店版)
出演・企画・構成/堀 絢子
演出:栗谷川 洋
照明:松村 剛((株)ゴー・ライティング・オフィス)
音響:齋藤 美佐男(TEO 株式会社 東京演劇音響研究所)
制作:堀 慶子(スタジオデュオ堀慶子事務所) 
朝ちゃんイメージイラスト:げんさい  
キャスト 堀絢子
お問い合わせ プーク人形劇場
03-3379-0234
theatre@puk.jp
プーク人形劇場 ホームページ
「朝ちゃん」スマートフォン向けサイト:http://puk-sp.info/single/258

チケット発売日

2017年3月12日(日)

入場料金

前売り2,200円/当日2,500円/友の会2,000円/ペア券4,000円(全席自由・税込)

*団体観劇割引あり。詳しくはお問い合わせください。

チケット発売窓口

プーク人形劇場 03-3379-0234

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より、受付を開始いたしますので、当日券をご希望の方は窓口にお申し出ください。
割引情報 団体観劇割引:10名以上でおひとり1800円

公演日程

2017年5月27日(土) 〜 5月28日(日)

上演時間 約1時間

2017年5月

21 22 23 24 25 26 27
  • 14:00
  •  
  •  
28
  • 14:00
  •  
  •  
29 30 31      

情報登録:プーク人形劇場

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43681

トラックバック一覧