Theatre Polyphonic『Musical「ボクが死んだ日はハレ」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Theatre Polyphonic

Theatre Polyphonic 第6回公演

『Musical「ボクが死んだ日はハレ」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年7月12日(水)〜7月17日(月・祝)
会場 シアター風姿花伝
〒161-0032 東京都新宿区中落合2-1-10
PR・解説 先に旅立った人たちへの思いを募らせていたら、
今を生きる人たちへのエールが溢れてきました。

過去から踏み出す一歩。
現在を変える一歩。
未来を生み出す一歩。
その一歩が、どうぞ晴れやかでありますように。

ストレートプレイです。ミュージカルです。
出会う勇気と別れる勇気の物語です。
そこに人間たちがいるから、音楽があるから、
笑って、泣いて、祝祭の時が生まれそうです。

新しい仲間たちと、新しい観客に向けて、
泣きながら生まれてくる赤ちゃんみたいに、
絶望しながら全身で希望して、作品を紡ぎます。
演劇だからできること。
盛りだくさんに準備して、劇場でお待ちしています。
ストーリー 芸能界で、かつて一世を風靡した女たち。
昭和歌謡ロックの火付け役 鮎川ミミも今や50代。
踊るSexyグループUPSWINGのSHOKOも今や40代。
視聴率の申し子、天才子役の三田村かおりも今や30代。

落ち目どころか落ちきった三人は、
掟破りの三世代ボーカルグループを結成することになる。
”ハレバレハレルヤ”誕生直前、鮎川ミミを襲う夢の病。

女たちの挫折は、喪った過去の愛情とあまりにも密接。
孤独も渇きも、亡くした悲しみも、三人揃えばドタバタ喜劇。

かつての愛をサポーターに、今ここにある仲間の力を集め、
”ハレバレハレルヤ”は現在の未来の愛を獲得できるのか?
スタッフ 脚本・作詞・演出 石丸さち子
作曲・演奏 森大輔
キャスト 浦嶋りんこ
小野妃香里
笠松はる
上野哲也
百名ヒロキ
高橋紀恵
お問い合わせ ヴォイス・オブ・ジャパン
03-6659-3248
bokuhare@gmail.com
公式HP

チケット発売日

2017年5月10日(水)

入場料金

7,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

当日券情報 開演2時間前より劇場にて受付
*希望者多数の場合は抽選
*詳細は公式サイトを参照
https://polypho.wixsite.com/harebare/tickets

公演日程

2017年7月12日(水) 〜 7月17日(月・祝)

上演時間 約2時間30分
(休10分)

2017年7月

9 10 11 12
  • 19:00
  •  
  •  
13
  • 14:00
  • 19:00
  •  
14
  • 19:00
  •  
  •  
15
  • 14:00
  • 19:00
  •  
16
  • 13:00
  • 18:00
  •  
17
  • 13:00
  •  
  •  
18 19 20 21 22

情報登録:Theatre Polyphonic

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43936

トラックバック一覧