劇団銅鑼『いのちの花』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団銅鑼

劇団銅鑼創立45周年記念公演第2弾 No.50

『いのちの花』−もしも、ぼくらにコトバがあったら−

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年8月17日(木)〜8月27日(日)
会場 銅鑼アトリエ
〒174-0064 東京都板橋区中台1-1-4
PR・解説 〜もしも、ぼくらにコトバがあったら  殺処分ゼロを願った女子高生たちのプロジェクト舞台化〜

劇団銅鑼では、本年夏、劇団のアトリエで、青森県立三本木農業高校の女子生徒たちが動物の殺処分ゼロを願って行ったプロジェクトを舞台化した『いのちの花』を上演する。農業高校の生徒たちが授業の一環として、犬や猫など引き取り手のないペットなどが殺処分される施設を見学、その骨を肥料とした花を育て「いのち」について考え動物の殺処分ゼロを訴えた実話をもとにした舞台である。
5月末に劇団の出演者や関係スタッフが三本木農業高校を訪ねた。そこでは動物たちの世話などの実習が行われているが、同時に、食肉として扱われる動物の解体作業なども授業の一環として行われていた。人間が生存する為に奪われる「いのち」も体験している女子高生たちが行った「いのち」のプロジェクトには深い意味がある。
舞台冒頭、担任役の先生は「いのちってなんだろう、漠然としすぎてピンと来ませんか? いいでしょう。でも考え続けて下さい。・・・長い、長い、いのちの授業の始まりです。」と入学したての生徒たちに告げる。
「いのち」について考える機会の少ない現代、生活の中で見過ごしている動物たちの「いのち」について深く考え、我々人間も含めた「いのち」と向き合う「いのち」の授業を舞台で是非体験していただきたいと願っている。小中学生の舞台出演も企画されている。
原作は同プロジェクトメンバー・向井愛実著「いのちの花」(WAVE出版)、瀧晴巳著「世界でいちばんかなしい花 それは青森の女子高生たちがペット殺処分ゼロを目指して咲かせた花」(ギャンビット)。脚本は青森県在住の劇作家畑澤聖悟、演出は青年座の齋藤理恵子が手掛ける。
ストーリー 青森県立三本木農業高校。その敷地面積は、東京ドーム11個分!
その広い広い大地と青空の下、希望に胸を膨らませて動物科学科に入学したマナミたち。1年目は寮生活。可愛い制服を着ることもなく、毎日作業着で、早朝から糞の匂いにやられながらも家畜たちの世話に励む日々。そして飼育しているニワトリを実習で解体し調理して自分達で食べる。「いただきます」という言葉の意味を考える。
そして、東日本大震災―

ある日、見学に訪れた動物愛護センターで、殺処分された動物たちの骨が「ゴミ」として捨てられていることを知る―
自分たちにできることはないだろうか?
声を上げることもできずに死んでいった動物たちの「いのち」。
彼女たちは、動物たちの骨を使って花を咲かせ、蘇らせることを思いつく。
名付けて“いのちの花プロジェクト”。
彼女らが咲かせた花を受け取ってくれる人はいるのだろうか?
スタッフ 原作:向井愛実著「いのちの花」(株式会社WAVE出版刊)
瀧 晴巳著「世界でいちばんかなしい花 
それは青森の女子高生たちがペット殺処分ゼロを目指して咲かせた花」(ギャンビット刊)
脚本/畑澤聖悟  演出/齊藤理恵子
美術/阿部一郎 照明/鷲崎淳一郎 音楽/寺田鉄生 音響/坂口野花 衣裳/山田靖子
映像/八木克人 舞台監督/中村卓 舞台監督助手/村松眞衣  
切り絵/まちこ 宣伝美術/早田二郎 制作/田辺素子 小関直人 平野真弓 佐久博美
協力/青森県立三本木農業高等学校
青森県動物愛護センター
キャスト 館野元彦 久保田勝彦 亀岡幸大 向暁子 高原瑞季 山形敏之 宮藤希望 早坂聡美 北畠愛美 和田星来
お問い合わせ 劇団銅鑼
03-3937-1101
info@gekidandora.com
劇団銅鑼公式ホームページ

チケット発売日

2017年6月26日(月)

入場料金

一般4,500円/板橋区民割引(在住・在勤・在学)4,050円/25歳以下3,150円/中学高校生1,000円/小学生500円(税込)

日時指定自由席。
障がい者の方で付き添いが必要な方、付添人お一人のみご招待。
開場は開演の30分前。
開演時間に遅れますとご入場頂けない場合がございます。予めご了承ください。
当日のキャンセルはお受けできません。
未就学児のご入場・お車でのご来場はご遠慮ください。

チケット発売窓口

劇団銅鑼 03-3937-1101
メール info@gekidandora.com
FAX 03-3937-1103
電話受付は平日10時−18時

チケット販売サイトへ

公演日程

2017年8月17日(木) 〜 8月27日(日)

上演時間 約1時間40分休憩なし

2017年8月

13 14 15 16 17
  • 19:00
  •  
  •  
18
  • 14:00※
  •  
  •  
19
  • 14:00※
  • 19:00
  •  
20
  • 14:00A
  •  
  •  
21
  • 19:00
  •  
  •  
22
  • 14:00
  • 19:00
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24
  • 14:00
  • 19:00☆
  •  
25
  • 14:00★
  •  
  •  
26
  • 14:00★
  • 19:00☆
  •  
27
  • 14:00★
  •  
  •  
28 29 30 31    
※公募した子どもたちの出演日
A公募した子どもたちの出演日&アフタートークあり
☆聴覚障がい者のための字幕付き公演
★視覚障がい者のための音声ガイド付き公演

情報登録:劇団銅鑼

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=43976

トラックバック一覧