劇団ジャブジャブサーキット『月読み右近の副業』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団ジャブジャブサーキット

『月読み右近の副業』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年7月28日(金)〜7月30日(日)
会場 駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8
PR・解説 「いつしか持ち込まれた不思議な本」をモチーフに、縦軸の朗読劇の装いと、横軸の良質ミステリーの要素で編み上げた、当劇団ならではのユニークな会話劇です。観客の想像力を目いっぱいアテにしつつ、特に愛すべき「活字好き」や「読書マニア」の方々にも、ぜひ観ていただきたい作品です。座付き作家のはせひろいちが「今回、2ケタの登場人物は無理」とダダをこね、2種類のダブルキャストが発生しております。詳細は劇団のHPなどをご参照くださいませ。また、長年、当劇団で屋台骨を背負ってきました女優「咲田とばこ」が住居移転につき、当分劇団への参加が難しくなりました。劇団も今回を境に、大きく路線が変わる可能性を孕んでおります。彼女のファンの方のみならず、ぜひ彼女のファイナル、卒業5ステージにお立合い下さいませ。
ストーリー とある山間の集落にある一見アトリエのような空間。そこに居を構えるのは、かつてマスコミを騒がせ「平成のカリスマ占い師」と称されながら、突如メディアから姿を消した「君塚右近」だった。いわゆる「月読み」の能力を使い、その泡銭で構えたと噂される終の棲家で、悠々自適の余生を決め込んでいた。とは言え、おせっかいな地元民、旅行がちな同居人、先月拾ってきた家出少女らが、日々いろんな問題を持ち込んでくる。そんな折、この地と世間を繋ぐ唯一の県道が土砂崩れで封鎖され、彼女がかつて捨てたはずの出自の源から、怪しげな文章が届き、右近の鈴かな日常は徐々に乱されるのだが…。
スタッフ 作・演出/はせひろいち、照明/福田恒子、音響/松野弘、舞台美術/JJC工房、宣伝美術/石川ゆき、舞台監督/岡浩之、制作協力/高橋俊也(THEATRE THEATER)
キャスト 咲田とばこ、はしぐちしん(コンブリ団)、荘加真美、空沢しんか、中杉真弓、伊藤翔大、まどかリンダ、谷川美穂、高橋ケンヂ
お問い合わせ 劇団ジャブジャブサーキット
090-9922-8274
jjcoffice@yahoo.co.jp
劇団ジャブジャブサーキット公式サイト

チケット発売日

2017年6月11日(日)

入場料金

一般前売3,300円/U22前売2,300円(全席指定・税込)

当日は前売りの200円アップ。U22の方は年齢確認の証明できるものをご持参ください。

チケット発売窓口

劇団ジャブジャブサーキット 090-9922-8274

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:457-562
当日券情報 開演1時間前より劇場にて受付

公演日程

2017年7月28日(金) 〜 7月30日(日)

上演時間 約1時間45分

2017年7月

23 24 25 26 27 28
  • 14:00
  • 19:30
  •  
29
  • 14:00
  • 18:30★
  •  
30
  • 14:00
  •  
  •  
31          

情報登録:劇団ジャブジャブサーキット

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=44207

トラックバック一覧