NPO法人子どもコミュニティネットひろしま『ひろしまの孫たち2017』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

NPO法人子どもコミュニティネットひろしま

『ひろしまの孫たち2017』そして、リーディング公演アフターヒロシマ

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年8月10日(木)〜8月11日(金)
会場 アステールプラザ
〒730-0812 広島県広島市中区加古町4-17
PR・解説 広島で被爆体験された方々へ、今の広島の子ども達が実際にインタビューして創り上げた演劇「ひろしまの孫たち」。当時の暮らしの風景、家族や友達との思いで、戦時中のこと、そして原爆のこと。あの頃「ひろしまの子ども」だった方々が、今の「ひろしまの子ども達」へ伝えたいこと。

また、11日のみリーディング劇の「アフターヒロシマ」を講演します。 原爆投下後に、イギリス・ロンドンの方々が経験した原爆のこと、そして平和についての思いを、実際にインタビューして書かれた作品です。子ども達だけでなく、大人たちも一緒に、平和について考えてみませんか?
ストーリー 「ヒロシマの孫たち」
The grand children of Hiroshima
出会う。
あの頃の広島の子どもたちだった方々と今「広島の子ども」である私たち。
口伝、Oral history
語り合い、感じて、伝える。そんな物語。
そして
リーディング公演
「アフターヒロシマ」
After Hiroshima
出会う。
Londonでロンドン市民が平和を語り合う。
インタビュー形式で様々な立場の方による原爆を振り返る実話を
ヒロシマの市民から世界へと口伝いたします。
スタッフ 「ヒロシマの孫たち」脚本:瀬戸山美咲 (ミナモザ主宰)
「アフターヒロシマ」原作:サラ・ウッズ(Micheline Steinberg Associates)
日本語台本:瀬戸山美咲(ミナモザ主宰)
演出:秋葉よりえ(THEATRE & Puppet Ensemble グラシオブルオ芸術監督)
初演共同演出:ジョナサン・ペサブリッジ(London Bubble Theatre)
音楽:ウィルフレッド・ペサブリッジ
美術:ウエダサユリ(unima舎)
美術協力:長谷川康子
舞台監督:田中暁弘(劇団小豆組)
音響:木村聡 (劇団Tempa)
照明:大田真美(株式会社 篠本照明)
制作:小笠原由季恵(NPO 法人子どもコミュニティネットひろしま)
キャスト ひろしまの子ども達、広島に住む大人たち、または広島が故郷である大人たち。
お問い合わせ NPO法人子どもコミュニティネットひろしま
082-231-8015
JMSアステールプラザ情報交流ラウンジ
082-244-8000

チケット発売日

2017年7月20日(木)

入場料金

前売り券1,500円/当日券2,000円(全席自由・税込)

小学生以上有料
未就学児無料

チケット発売窓口

NPO法人子どもコミュニティネットひろしま 082-231-8015
JMSアステールプラザ情報交流ラウンジ 082-244-8000
広島市青少年センター 082-228-0447
当日券情報 当日券2000円 会場窓口にて1時間前より販売

公演日程

2017年8月10日(木) 〜 8月11日(金)

2017年8月

6 7 8 9 10
  • 19:00
  •  
  •  
11
  • 11:00
  • 15:00★
  •  
12
★はリーディング劇の「アフターヒロシマ」の公演です。

情報登録:NPO法人子どもコミュニティネットひろしま

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=44444

トラックバック一覧