劇団ひまわり『十二夜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団ひまわり

新潟シェイクスピアシアター&シアター代官山プロデュース公演

『十二夜』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年9月13日(水)〜9月18日(月・祝)
会場 シアター代官山
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-12-12
PR・解説 シェイクスピアの演出で海外にも認められている栗田芳宏が演出する、
シェイクスピアが書いた最後の喜劇といわれる『十二夜』。
キリストが生まれたクリスマスから数えて12日目に行われる公現祭の夜は、無礼講の大騒ぎ、男女も衣服を取り替えて身分の上下も入れ替えて、大騒ぎで祝う日とされていました。このどんちゃん騒ぎの夜に初演されたという『十二夜』は、「男女の双子の入れ違いによる混乱」、「恋の三角関係」、「酔っぱらいの悪ふざけ」と、舞台の上も祝祭と同じようにバタバタとエピソードが重なって大騒ぎになりますが・・・。
新潟シェイクスピアカンパニーのメンバーと、劇団ひまわりシアター代官山プロデュースのメンバーとが、シャッフルのWキャストで、お目にかけます。

●新潟シェイクスピアカンパニー(NSC)とは
新潟シェイクスピアカンパニーは、新潟から新しいシェイクスピアを世界に発信する信念のもと、演出家・俳優の栗田芳宏が翻訳家の松岡和子氏をパートナーとして、シェイクスピア劇をあらゆる角度から徹底的に読み解き、研究を重ね、これまでりゅーとぴあ能楽堂シリーズをはじめ、古典様式とリアルプレーの融合から成るシェイクスピアを数々世に送り出して来ました。なかでも、『冬物語』、『禅ハムレット』はヨーロッパシェイクスピア史に多大な衝撃を与えました。そのカンパニーが劇団ひまわり新潟スタジオのユニットとして、松岡和子氏をスーパーバイザーに迎え再出発をします。今後は代官山プロデュース公演として、新潟、東京をはじめ日本のみならず世界に向けたシェイクスピア劇を目指します。
演出家・俳優 栗田芳宏
ストーリー イリリアの公爵オーシーノは、伯爵令嬢オリヴィアに思いを寄せている。しかし、兄を亡くした悲しみに暮れるオリヴィアはそんなオーシーノの求愛をひたすら拒み続けていた。

そんなある日のこと、嵐の過ぎ去ったばかりのイリリアの海岸に、メッサリーンのセバスチャンの娘・ヴァイオラが打ち上げられる。乗っていた船が難破し、同じ船に乗っていた瓜二つの双子の兄・セバスチャンも行方知れずとなり途方に暮れるヴァイオラ。しかし、船長のはからいで男装してシザーリオと名乗り、オーシーノ公爵の小姓として仕えることに。シザーリオを気に入った公爵は、頑ななオリヴィアの心を自分に向かせるよう彼女のもとへシザーリオを遣わす。じつはオーシーノを密かに慕うヴァイオラにとって、辛い役目だったが男の姿をしている以上、自らの思いを告げることもできない。仕方なくオリヴィアのもとへ向かい、公爵の熱い心のうちを伝える。ところがオリヴィアは、オーシーノではなく、シザーリオに心を奪われてしまい、オーシーノはオリヴィアを、オリヴィアはシザーリオを、そしてシザーリオ(ヴァイオラ)はオーシーノに思いを寄せるという、奇妙な恋の三角関係になってしまう。

さて、オリヴィアの屋敷には、叔父のトービーと、オリヴィアの求婚者であるアンドルーが居候しており、道化フェステとともに毎日飲めや歌えの馬鹿騒ぎをしていた。そんな彼等を、生真面目な執事のマルヴォーリオは、目の敵にしている。
ある夜、トービーたちが、いい気分で羽目をはずしていると、マルヴォーリオが現れ厳しい叱責のことばを残し去ってゆく。楽しい時間をぶち壊しにされ腹の虫が治まらないトービー達はなんとか仕返しをしてやろうと息巻く。そんな中、マライアが素晴らしい復讐の妙案を思いつく。

オリヴィアに愛を告白されるものの、冷たく返すしかないシザーリオに、トービーは、アンドルーに恋敵であるシザーリオに決闘を申し込むようけしかけて、悪ふざけをする。

さてそんな中、ヴァイオラと生き別れになったかと思われた兄のセバスチャンは、アントーニオに命を救われ、イリリアにやって来ていた。街を見物中、ひょんなきっかけで出会ったオリヴィアにたちまち心を奪われ、セバスチャンとシザーリオを間違えたオリヴィアと結婚の約束をかわしてしまう…。
それぞれに交差するロマンス、決闘の行方は?そして、生き別れとなっていた兄妹の運命は…?
スタッフ 作/W.シェイクスピア
訳・スーパーバイザー/松岡和子   
演出/栗田芳宏
演出補/山口泰央
演出助手/大家貴志(KURITAカンパニー)
照明/大阿久隆雄
照明操作/川井桃子
音響/孕石きよ

舞台監督/松本憲治

プロデュース/砂岡誠
制作/榎元一志、北原千冬

宣伝美術/増嶋清之
協力/懸樋プロダクション・KURITAカンパニー・砂岡事務所・ブルーシャトル

主催・製作/劇団ひまわり
キャスト ヴァイオラ 近藤幸奈(星) 永瀬千裕(月)
セバスチャン 山崎真吾(星) 長谷川隆大(月)
オーシーノ 池田直広(星) 佐渡彰悟(月)
オリヴィア 原章子(星) 山賀晴代(懸樋プロダクション)(月)
フェステ 新井海人(星) 山口泰央(月)
マルヴォーリオ 福島靖夫(星) 荒井和真(KURITAカンパニー)(月)
マライア 斉藤萌(星) 中澤里香(KURITAカンパニー)(月)
サー・トービー 鈴村近雄(星) 栗田芳宏(月)
サー・アンドルー 中島幸一(星) 渡邊龍臣(月)
キューリオ 風間衛(星) 長畔圭志(月)
ヴァレンタイン 小林大悟(星) 巴山星河(月)
フェイビアン 立花真之介(星) 牛膓侑志(月)
アントーニオ 大野杜(KURITAカンパニー)(星) 北村真一郎(月)
司祭 大家貴志(KURITAカンパニー)(星) 吉田尚弘
役人 木元剛(星) 高尾直裕(月)
役人 須藤誠(星) 板羽龍(月)
船長 ????(星) 十三豊(月)
侍女 望月寛子(星) 熱田カレラ(月)
侍女 刈屋佑梨(星) 新藤真耶(月)
侍女 竹田安希(星) 佐々木映海(月)
お問い合わせ 劇団ひまわり
03-3476-0011
ticket@himawari.net
新潟シェイクスピアカンパニー & シアター代官山プロデュース『十二夜』

チケット発売日

2017年8月6日(日)

入場料金

一般4,000円/両チームセット券7,000円(全席指定・税込)

両チームセット券は、星・月各一枚ずつ予約した場合の適用となります。
取り扱いは、CoRichチケット!のみ

チケット発売窓口

CoRichiチケット!

チケット販売サイトへ

カンフエティ 0120-240-540

チケット販売サイトへ

当日券情報 各公演開演の1時間前より劇場受付にて販売いたします
割引情報 両チームセット券は、星・月各一枚ずつ予約した場合、1枚4,000円のところ2枚で7,000円となります。
取り扱いは、CoRichチケット!のみ

公演日程

2017年9月13日(水) 〜 9月18日(月・祝)

2017年9月

10 11 12 13
  •  
  •  
  •  
  • 19:00☆
14
  •  
  •  
  • 19:00○
15
  •  
  •  
  •  
  • 19:00☆
16
  •  
  • 13:00☆
  •  
  • 18:00○
17
  • 11:00○
  •  
  • 16:00☆
18
  •  
  • 13:00○
  •  
19 20 21 22 23
☆星チーム
○月チーム
※アフタートーク 松岡和子・シライケイタ/栗田芳宏

情報登録:劇団ひまわり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=44742

トラックバック一覧