阪南市立文化センター『グリーティングシアターVol.4 光の帝国』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

阪南市立文化センター

キャラメルボックス2017

『グリーティングシアターVol.4 光の帝国』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2017年10月17日(火)
会場 阪南市立文化センター サラダホール
〒599-0201 大阪府阪南市尾崎町35-3
PR・解説 今回のグリーティングシアターは、『光の帝国』です。この作品は、恩田陸さんの連作短編集『光の帝国』(集英社文庫)に収録されている『大きな引き出し』を舞台化したもので、初演は2009年。今回が8年ぶり、2回目の上演になります。初演は上演時間が60分の短編演劇でしたが、今回はこれを90〜120分の長編に作り直します。主人公の「春田光紀」は関根翔太。入団5年目にして、ついに主役に挑戦です。ゲストに原口健太郎さんと家納ジュンコさんをお招きして、全く新しいキャストで、新しい『光の帝国』に挑みます。ご来場を心よりお待ちしています。
ストーリー 小学4年生の春田光紀には、読んだものを「しまう」力があった。古事記も枕草子も平家物語も、一度読んだだけで完璧に暗記できるのだ。実は、光紀の両親も、姉の記実子も、同じ能力を持っていた。が、それは家族だけの秘密。光紀には不満でならなかった。学校からの帰り道、『平家物語』を暗誦していると、一人の老人に話しかけられる。老人は猪狩義正という名の元医師で、光紀の暗誦ぶりを褒めた。が、光紀の両親は、その老人に二度と会うなと言う。光紀は激しく反発する…
スタッフ 原作 恩田陸
脚本・演出 成井 豊+真柴あずき
キャスト 関根翔太・森めぐみ・鍜治本大樹・小林春世・毛塚陽介・金城あさみ・竹鼻優太
ゲスト 原口健太郎(劇団浅敷童子) 家納ジュンコ
お問い合わせ 阪南市立文化センター
072-471-9100
info@sarada-hall.com
キャラメルボックス

チケット発売日

2017年8月5日(土)

入場料金

一般5,000円/高校生以下4,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

阪南市文化センター 事務所 072-471-9100
電話での予約はしておりません。
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:480-868

チケット販売サイトへ

公演日程

2017年10月17日(火)


情報登録:阪南市立文化センター サラダホール

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=44861

トラックバック一覧