廃墟文藝部『アナウメ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

廃墟文藝部

廃墟文藝部第四回本公演

『アナウメ』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

名古屋の若手劇団 廃墟文藝部 本公演「アナウメ」が10月13から千種文化小劇場で上演!

公演データ

公演期間 2017年10月13日(金)〜10月15日(日)
会場 千種文化小劇場
〒464-0858 愛知県名古屋市千種区千種3丁目6-10
PR・解説 廃墟文藝部は脚本/演出家 後藤章大を主宰とし、名古屋市の小劇場を中心に演劇活動をおこなっている。劇団のコンセプトとしては、一人称小説のような【誰かの視点から見た世界】を表現した演劇をおこなっている。
劇団内で脚本、音楽、映像等を創作することにより、相互に影響を与え合い常に新しい表現を追求し、独自の世界観を表現している。

また、演劇以外の活動も積極的に行っており、2014年8月には、ノベルゲームのべるちゃんにて「ちょこれーとぷらねっと」を公開し「第一回のべるちゃんコンテスト ユーザー賞」を受賞。2017年8月には上演作品をリメイクした「モノカキ」が映像作品のコンテストである第6回クォータースターコンテスト8月☆作品にノミネートされている。また作曲を手掛けるいちろーは2015年に第13回AAF戯曲賞受賞作「パブリックイメージリミテッド」に楽曲提供を行っている。
 
そんな廃墟文藝部の最新作「アナウメ」が10月13日から名古屋の千種文化小劇場にて上演される。
ストーリー 舞台は山奥の小さな洋館。人気のない寂れた別荘地にあるその洋館の庭には枯れた”井戸”がポツンと立つ。
洋館に住むのは1組の夫婦。どこかくたびれて見える翻訳家の男性。男は女の作品の翻訳を主にしている。そんな彼らには秘密があった。女は性的な事だけ記憶ができないのだ。彼らは毎晩のようにセックスをする。しかし朝起きると女はその記憶だけを飛ばしている。
ある日夫婦の家に、妻の妹が訪ねてくる。彼女は翻訳家の男に秘密を語る。自分の姉は、今までに何度も男と肌を重ねてきた。そしてその度に忘れてきた。あなたが初めてなのではないと。その晩、行為の最中、相変わらずセックスの記憶だけできない妻を男は殴ってしまう。しかし朝起きれば彼女はそのことを覚えていない。絶望に沈む男。しかしそれから一週間後、急に妻は夜のことも記憶ができるようになる。彼女は妊娠をしていた。
スタッフ 脚本/演出 後藤章大
作曲/音響 いちろー
舞台監督 柴田頼克(かすがい創造庫 / 電光石火一発座)
助演 山崎彬熙(名城大学 劇団「獅子」)
照明 高山皐月(高山一族)
舞台美術 野地恵梨子
制作 イシハラタカシ PON(なんだかんだクレイジー)
足立裕里(愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」)蜷川湖音(電光石火一発座)
キャスト 八代将弥(room16)
池場未有
山川美咲(フリー)
仲田瑠水
瀧川ひかる
伊藤文乃(オレンヂスタ)

近藤綾香(フリー)
常住奈緒(フリー)
な花(フリー)
丹羽 美由希(フリー)
畠山千広(名古屋大学劇団新生)
福田真也(劇団バッカスの水族館)
藤倉しおり(愛知教育大学演劇部劇団把゜夢)
宮田頌子(オレンヂスタ)
お問い合わせ 廃墟文藝部 制作部イシハラ
080-5295-4720
haikyobungeibu@yahoo.co.jp
廃墟文藝部ホームページ

チケット発売日

2017年7月1日(土)

入場料金

一般2,400円/U25割1,900円/高校生以下1,000円(全席自由・税込)

上記料金は全て予約の場合になります。事前のご予約をお願い致します。

チケット発売窓口

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売
開演5分前より入場可能です
割引情報 アナウメ割...「穴」あるいは「空っぽ」という単語から連想する写真に、何を撮影したか分かるタイトルを記載し、ハッシュタグ「#アナウメ」とともに投稿してください。当日受付でSNS画面を提示していただいた方はチケット代を200円割引!

公演日程

2017年10月13日(金) 〜 10月15日(日)

上演時間 上演時間は1時間40分を予定しております。
受付開始・整理券の配布は開演の1時間前から
開場は開演の30分前になります。

2017年10月

8 9 10 11 12 13
  • 19:00
  •  
  •  
14
  • 14:00☆
  • 19:00
  •  
15
  • 15:00★
  •  
  •  
16 17 18 19 20 21
上演後、指定の日程では特別ゲストを招いてのアフタートークイベントを予定しております。
☆刈馬カオス氏(刈馬演劇設計社)
★鹿目由紀氏(劇団あおきりみかん)

情報登録:廃墟文藝部

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=45105

トラックバック一覧